鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



なんとか天気が持ちそうな休日なので、
家族サービス(+自分の憂さ晴らし)に、いそいそとお出かけ。

今回は三平山という山です。この山は標準タイム45分、道も家族向きということでちょうどいいのです。

 蒜山ICを降りてさんざん迷いながら登山口へ。これから登山なのに既に道迷いか?と思いつつ、ようやく発見。もう降りてくる人がいました。まあ片道45分だし、涼しいうちに登るのが賢明だよね。

 登山口近辺からは森の中をジグザグに歩いて登って行きます。ホオジロ、ウグイス、ホトトギスの里山3点セットがよく囀っていました。その辺のキイチゴなどつまんだりしながら登るにつれ、少しずつ高い木が少なくなり、まともに日が差してきます。子供達はズイズイ進んでいきますが、体重と荷物が重い父ちゃんは、大汗です(薄めのポカリがうまい)。

尾根に上がるころは一面に笹原が広がり、見通しがとてもよくなりました。笹原を大型のツバメが飛んでいます。丸い鎌形の翼、白い腰、長い尾羽・・・アマツバメです。スピードに乗った飛び方がカッコエエ~。全員見たのは初めてなので感動しておりました。

根曲がり竹に躓きつつ登った山頂は360度のパノラマです。遠くに大山、蒜山三座が見えます。あっちにも行きたいなあ。

山頂にて昼食。米が美味いです。
(最近は飯の旨さを味わいたくて山に登っている気がします)
ゆっくりしたかったのですが、雲の足が速いのと空の風上に積乱雲みたいなのがいたので、父ちゃんの判断で食事もそこそこに退散しました。
あーいいとこだった。また行きたいなあ。

ところでその晩は蒜山高原キャンプ場にテント泊してたのですが
夜半ごろ、どえらい雨と雷でした。一時は車に避難してたくらいで全員寝不足です。アマツバメって「雨燕」ともいうし、やはり雨を呼んだか・・・ブツブツ・・・。

スポンサーサイト

【2006/07/16 18:51】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

雨キャンプ
せんめい
テントに雨が降ってきたらうるさくて寝れるものじゃないですね。初心者の頃はテントの上にタープを張るなんて知らなくて悲惨な夜を過ごしました。雨水でご飯を炊いたのも思い出です。


かぼちゃ
こんばんは~♪
鳥さんの声を聞きながら、歩く・・最高ですね^^。
気持ちがどんどん晴れやかになっていくでしょう^^。
先日、カッコイイ~ハリオアマツバメ見ました~。
止まらないと撮れないよぉ~って嘆いたら、近くにいた方にあの鳥は止まることはないですよって言われ、がっくりでしたね(。>_<。)


せんめいさん
のほほん父さん
雨水でご飯炊きって・・・なんかすごいなあ。
サバイバル状態?いったいどこで・・・。


かぼちゃさん
のほほん父さん
ハリオくんもまだ未見でした。いいな。
やっぱりスピード速いですか?流し撮りだと大変でしょうね。

それにしても止まらんでしょうなあ。彼らは


mahsa
ツバメもいろいろいるのね。知らなかった^^; キャンプでしたか?雷雨だなんてお気の毒に。帰ってきてからの後始末が大変ですよね。うちは、今年は行けそうにないなぁ。

mahsaさん
のほほん父さん
梅雨のない北海道がうらやましい。
なんだかずっと雨で、まだテントが干せずにいます。日曜日まで雨だと!カビたらどうしようか・・・。

北海道キャンプもいいな。一度行きたいものです


banatoma
登山と言うと小学校の遠足を思い出します(弥彦とか角田とか)

運動の苦手な私はいつも最後尾で半泣きしながら登ってたっけ・・・
それでも弥彦や角田ってこの山より低かったんだ!とちょっと愕然(笑)

banatomaさん
のほほん父さん
弥彦は標高634m(←調べちゃったよ)だけど
どこから登るかしだいですね。
海辺からなら、まともに634m登らなきゃだし

この山は登山口が730m地点ですから、高低差は300mもないんです。子供には楽チンでしたよ。(私は・・・・)

ああ、弥彦懐かしい。いいなー。今度新潟いったら登ろうかなあ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
雨キャンプ
テントに雨が降ってきたらうるさくて寝れるものじゃないですね。初心者の頃はテントの上にタープを張るなんて知らなくて悲惨な夜を過ごしました。雨水でご飯を炊いたのも思い出です。
2006/07/17(Mon) 10:59 | URL  | せんめい #-[ 編集]
こんばんは~♪
鳥さんの声を聞きながら、歩く・・最高ですね^^。
気持ちがどんどん晴れやかになっていくでしょう^^。
先日、カッコイイ~ハリオアマツバメ見ました~。
止まらないと撮れないよぉ~って嘆いたら、近くにいた方にあの鳥は止まることはないですよって言われ、がっくりでしたね(。>_<。)
2006/07/17(Mon) 19:55 | URL  | かぼちゃ #iAqHXQpI[ 編集]
せんめいさん
雨水でご飯炊きって・・・なんかすごいなあ。
サバイバル状態?いったいどこで・・・。
2006/07/18(Tue) 00:23 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
かぼちゃさん
ハリオくんもまだ未見でした。いいな。
やっぱりスピード速いですか?流し撮りだと大変でしょうね。

それにしても止まらんでしょうなあ。彼らは
2006/07/18(Tue) 00:27 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
ツバメもいろいろいるのね。知らなかった^^; キャンプでしたか?雷雨だなんてお気の毒に。帰ってきてからの後始末が大変ですよね。うちは、今年は行けそうにないなぁ。
2006/07/18(Tue) 20:10 | URL  | mahsa #kmtdRMCw[ 編集]
mahsaさん
梅雨のない北海道がうらやましい。
なんだかずっと雨で、まだテントが干せずにいます。日曜日まで雨だと!カビたらどうしようか・・・。

北海道キャンプもいいな。一度行きたいものです
2006/07/19(Wed) 21:52 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
登山と言うと小学校の遠足を思い出します(弥彦とか角田とか)

運動の苦手な私はいつも最後尾で半泣きしながら登ってたっけ・・・
それでも弥彦や角田ってこの山より低かったんだ!とちょっと愕然(笑)
2006/07/20(Thu) 06:36 | URL  | banatoma #H6hNXAII[ 編集]
banatomaさん
弥彦は標高634m(←調べちゃったよ)だけど
どこから登るかしだいですね。
海辺からなら、まともに634m登らなきゃだし

この山は登山口が730m地点ですから、高低差は300mもないんです。子供には楽チンでしたよ。(私は・・・・)

ああ、弥彦懐かしい。いいなー。今度新潟いったら登ろうかなあ。
2006/07/20(Thu) 19:46 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。