鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野川河口のお話はちょっとおいといて(笑)
先日鬼の城という7世紀あたりの古代の城跡に行ってまいりました。

img088.jpg


山城の跡だけに、石垣からの眺めは素晴らしいものがあり、
広葉樹も多いのであたりは鳥の声だらけです。
が、あいにくと風が強く木々の間にいるみたいであまり鳥は見えませんでした。
 なんにせよ単独行動は久しぶりで、
おにぎりとお茶、図鑑と双眼鏡だけ持ってブラブラしておりましたが、なかなか気分がいいものですね。

ここもご多分にもれず、やたら施設工事がすすんでいささか興ざめでした。
こういうものは荒れない程度に手を入れるくらいがいいと思うのです。
スポンサーサイト

【2006/05/06 09:50】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

鬼が島?
mahsa
岡山で鬼の城って、鬼が島と関係あるんですか?城址って物悲しくて、ロマンチックですね。

あたらずとも遠からず
のほほん父さん
確定していないみたいですけど、
この辺は吉備津彦命と温羅(うら)という鬼が戦ったという、桃太郎伝説の原型のようなお話が残ってまして、その温羅の城という説やら
白村江の戦いで思いっきり負けちゃったんで慌てて作った防衛ラインの一つ説とかあります。
(個人的には大和朝廷に征服されちゃった側の居城を再利用したのではなかろうかと)


BRbee
歴史のある所のようですね。
いろいろ想像が膨らんでいきそうです。

カケスは、警戒心強くレンズを向けた時には居ないことがほとんどです。
綺麗なのにな~
声以外は・・・(^_^;)



好調ですね
kei3x
一人の鳥見、遠慮がなくて好き放題トリを観察できるので良いですね
カケス、ボクも縁が無くて残念です
綺麗な色、出てます(^O^)

BRbeeさん
のほほん父さん
過去の経験上、なんか暗いところばかりで見かけるし、あまりじっとしていないので、写真系の方はしんどいでしょうね。特にあの青い羽、綺麗ですよね。声はカラスより悪声のように思います。

kei3xさん
のほほん父さん
一人鳥見はマイペースで移動・観察できるのがいいですね。少々寂しいのが難点。
あと、双眼鏡で覗いてニヤニヤしている変なおじさんに間違えられない様にしないと(笑)

大和朝廷派
せんめい
地方でも未だに大和朝廷の威光が利いているのですね。出雲や岡山の勢力はかなり強大だったようですから大和朝廷確立後も旧勢力の遺構を利用していて当然なのにパンフにそこまで定説を書きますか?観光なら面白いほうを書くべきだって、鳥見とは関係のない話になってしまいました。


かぼちゃ
こんにちは~♪
σ(・・*)は、いつもひとり鳥見、ちょっと恐いときもありますが、
たぶん熊は出ないから・・(o^^o)ふふっ♪
そちらのカケスも、声真似するんですか?
羽のブルーが似てるね・・(^^)

せんめいさん
のほほん父さん
かたや吉備津神社として残り、その相手は「鬼」という字をあてがわれてますんで、まあ征服されちゃった側の城でしょうか。ただ、この城址は記録にないもので「ようわからん」という態度が一番適切でしょう。わからない分いろんな思いを馳せる楽しみがありますね。


くっ熊!
のほほん父さん
そうだよ、北海道の鳥見はその恐怖がありますね。ああ、でも山の中で出会う怪しいおっさんの方が怖いかも・・・でもって、自分もそう思われてるかも・・・と思ってしまった。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
鬼が島?
岡山で鬼の城って、鬼が島と関係あるんですか?城址って物悲しくて、ロマンチックですね。
2006/05/07(Sun) 00:24 | URL  | mahsa #-[ 編集]
あたらずとも遠からず
確定していないみたいですけど、
この辺は吉備津彦命と温羅(うら)という鬼が戦ったという、桃太郎伝説の原型のようなお話が残ってまして、その温羅の城という説やら
白村江の戦いで思いっきり負けちゃったんで慌てて作った防衛ラインの一つ説とかあります。
(個人的には大和朝廷に征服されちゃった側の居城を再利用したのではなかろうかと)
2006/05/07(Sun) 08:00 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
歴史のある所のようですね。
いろいろ想像が膨らんでいきそうです。

カケスは、警戒心強くレンズを向けた時には居ないことがほとんどです。
綺麗なのにな~
声以外は・・・(^_^;)

2006/05/07(Sun) 13:17 | URL  | BRbee #lVjAIwTo[ 編集]
好調ですね
一人の鳥見、遠慮がなくて好き放題トリを観察できるので良いですね
カケス、ボクも縁が無くて残念です
綺麗な色、出てます(^O^)
2006/05/07(Sun) 14:15 | URL  | kei3x #-[ 編集]
BRbeeさん
過去の経験上、なんか暗いところばかりで見かけるし、あまりじっとしていないので、写真系の方はしんどいでしょうね。特にあの青い羽、綺麗ですよね。声はカラスより悪声のように思います。
2006/05/07(Sun) 19:25 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
kei3xさん
一人鳥見はマイペースで移動・観察できるのがいいですね。少々寂しいのが難点。
あと、双眼鏡で覗いてニヤニヤしている変なおじさんに間違えられない様にしないと(笑)
2006/05/07(Sun) 19:29 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
大和朝廷派
地方でも未だに大和朝廷の威光が利いているのですね。出雲や岡山の勢力はかなり強大だったようですから大和朝廷確立後も旧勢力の遺構を利用していて当然なのにパンフにそこまで定説を書きますか?観光なら面白いほうを書くべきだって、鳥見とは関係のない話になってしまいました。
2006/05/09(Tue) 00:04 | URL  | せんめい #-[ 編集]
こんにちは~♪
σ(・・*)は、いつもひとり鳥見、ちょっと恐いときもありますが、
たぶん熊は出ないから・・(o^^o)ふふっ♪
そちらのカケスも、声真似するんですか?
羽のブルーが似てるね・・(^^)
2006/05/09(Tue) 17:34 | URL  | かぼちゃ #iAqHXQpI[ 編集]
せんめいさん
かたや吉備津神社として残り、その相手は「鬼」という字をあてがわれてますんで、まあ征服されちゃった側の城でしょうか。ただ、この城址は記録にないもので「ようわからん」という態度が一番適切でしょう。わからない分いろんな思いを馳せる楽しみがありますね。
2006/05/09(Tue) 21:54 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
くっ熊!
そうだよ、北海道の鳥見はその恐怖がありますね。ああ、でも山の中で出会う怪しいおっさんの方が怖いかも・・・でもって、自分もそう思われてるかも・・・と思ってしまった。
2006/05/09(Tue) 21:58 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。