鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



新潟県に福島潟という湿地がありまして、
そこにはヒシクイなどが越冬にきます。
昔よく行ったんです。

ヒシクイは神経質なもので、ハクチョウの様に「餌くれえ~」と寄ってくる事はありません。
なので自然道も観察小屋も、ヒシクイを脅かさない程度の距離が置かれていまして
この距離感が好きでした。

久々の水彩は、福島潟のヒシクイです・・・といっても、シルエットですけど(笑)
このところ鉛筆で落書きばっかりだったので
色を塗るのはおっかなびっくりでした(3色しか使わなかったけどね)

PS
これは、さる月刊誌掲載の福島潟の写真をベースにしました。
スポンサーサイト

【2006/02/18 15:27】 | 水彩画
トラックバック(2) |

とっても良い情景ですね(^O^)
kei3x
この距離感、確かにEーフィーリングです
その思い入れが水彩として現れたのですね♪
引きの絵はは情が有ります(^O^)

福島潟
mahsa
のすぐ脇にある中華料理のレストラン、(名前忘れちゃった)たまに行きました。おいしかった~♪鳥には全く目が行きませんでした^^;新潟で鳥といえば瓢湖の白鳥と朱鷺。ヒシクイ、知らなかった~。お絵描きはステキですね~。色合いも落ち着いていい配色ですし。やはりPCでは出来ない透明感があるようです。言葉で言えば、すっきりとした透明感という感じです。


chitochito
3色でこの深み・・・。うっとりしますねえ~。
一羽一羽羽ばたき方が違うのも味があります。
「えさくれー」と言わないとしたら自分たちで調達しているんですね。えらい!

いいじゃないですかぁ
のび太
 鉛筆画も進んでいるようですね。(^_^)
#私の方は、もっぱらペン画中心になってきたような気がします。
#結局は着彩しますけどね。

 こういう絵もなかなか良いですね。

 先日、猪苗代湖で白鳥やら鴨やらを沢山見てきましたが、やはり鳥の名称を知らないというのはそれだけつまらないですね。


kei3xさん
のほほん父さん
確かに思い入れはあります。私にとっては風景というよりは情景ですね。また行って見たいです。

mahsaさん
のほほん父さん
おや、mahsaさんも昔新潟におられたのですか?奇遇ですね、ニアミスしてたりして。中華レストランあったっけ?いつも弁当持って囲炉裏のある休憩所で食ってたので知りませんでした。

chitochitoさん
のほほん父さん
ありがとうございます。この鳥には、落ち着ける場所と、餌のための田園地帯が必要なんでしょうね。

のび太さん
のほほん父さん
鉛筆の方は、落書きですねえ。何でも描いてやろうと思いながら、やっぱり趣味に走ってます(笑)。

鳥さん限らず動植物の名前知ってると、ただの野原が素晴らしいフィールドに大変身です。

鳥たちの
banatoma
一斉に飛び立つ姿・・・なぜかわからないけどジーンとします。
いまだ福島潟に行けずじまいで・・・
そのかわり、といってはなんですが鳥屋野潟の白鳥を眺めています。
ヒシクイは何月くらいまで福島潟にいてくれるんでしょうね?
私が行けるころにはもういなくなっちゃってるのかもしれませんね(T_T)


mahsa
間違った^^;レストランがあったのは、鳥屋野潟でした。失礼いたしました。そなんです。新潟産なんですよ。いつまでたっても雪から逃げられないようです。

banatomaさん
のほほん父さん
鳥屋野潟ですか、ナツカシーなあ

ヒシクイは来月には北へ帰っちゃうと思いますよ
見るなら今月中。
今年は寒いからもう少しずれ込むかな?

防寒対策はばっちりと。帽子、手袋必携です。

mahsaさん
のほほん父さん
あはは。あったかなーって考え込んじゃいました。

いつまでたっても逃げられないって(笑)
もっと寒いところにおられますものね。


かぼちゃ
こんばんは~♪
24羽もいるね・・・数えました('-'*) フフ
大きさや羽の広げ具合、色合いなども少しずつ違う、根気がいますね、
のほほんさん、おみごと(^-^)//""パチパチ

ひしくい
せんめい
ひしくい、初耳なので昨日ちょっと調べてみました。姿を見る限りカモと同じようですが、結構大型なんですね。北の方だけでしょうか?

絵も額に入れたいような絵ですが、こういう絵を見るとつい、「カモとりごんべえ」の絵本を思い出してしまいます。
懐かしいなぁ。

かぼちゃさん
のほほん父さん
ありがとうございます。
24羽もいるんですねえ~。知りませんでした(笑)

このモチーフでもう少し大きい絵を描きたいですね
そのうち、機会があれば、いつか・・・たぶん。

せんめいさん
のほほん父さん
ハクチョウよりはちょっと小さいかな?という大きさですね。ヒシクイ、オオヒシクイが見られます。マガンの類かな?見えるのは北陸、東北くらいじゃないかなあ。日本海側ならもうちょい南まできてるかな?
色は地味だけど上品な鳥です。

ステキ!(^^)!
nao
この絵とても癒されますぅ♪シンプルで屏風絵のような。。飽きない味がとってもお気に入りで~すv-238

naoさん
のほほん父さん
naoさん、ありがとう。
技術的には拙いのですが、和んでいただければ幸いです。


うずら
こうしたシンプルな色使いのシルエットは心に沁みますね。白っぽいところで靄の漂う空気感を感じ取ることができます。
》自然道も観察小屋も、ヒシクイを脅かさない程度の距離が置かれていまして
いいですね~、そうしたフィールド。
誰もいない早朝、羽音が凛とした空気に反響する瞬間を捉えてみたいです。

うずらさん
のほほん父さん
いいですね、うずらさんの写真で福島潟。想像してしまいました。

でも鳥との距離がありすぎて撮影には向かないかな?
機材にもよるかなあ。

ヒシクイのシルエット画が素敵です!
BARISTA悠
nohohontousanさん@こんにちは!!Yahoo!ブログから跳んできました。
先日はコメント有難うございました。
このシルエット画は飛んでいる感じで和風っぽくて額にいれたいほど見ごたえがありますよ。
なかなか絵を書く時間がとれないので骨董屋で時々買い始めました。
絵の記事を書いた時にトラックバックしたいのですが如何でしょうか。

BARISTA悠さん
のほほん父さん
ありがとうございます。トラバの件OKですよ。
身の回りに絵を買うという人がいないもんですから
骨董屋で買うと聞くと、なんだかすごいと思ってしまいました。
お気に入りの絵が手に入ったら、見せてくださいね。


管理人のみ閲覧できます
-


はじめまして。
ルーズメリー
こんにちは~。
とても、親しみやすいステキな色合いと思ってみていました。
福島潟ですか!
先週、行ってきました。
昨年度の「ビュー福島潟」の館長だった片岡鶴太郎氏のファンだった事と自然がいっぱいの福島潟に魅了された事で、パスポートを作っています。
残念な事に、オオヒシクイは、「ビュー福島潟」の展示物しかしりません。
オニバス・・蓮などは見ごろの物を見ることができました。
本当に あそこに居ると、5感が研ぎ澄まされます。

こんなにすてきな絵が描けるのですね。
感激して、コメントしてしまいました。
お邪魔しました。
夏にオニバス

ルーズメリーさん
のほほん父さん
はじめまして。初コメありがとうございます。
片岡鶴太郎氏は館長になってたのですか、びっくりです。

福島潟を気に入っていただけた様でうれしいですね
(別に関係者でもなんでもないのですが)

かの地は慣れない人にはただの葦原ですが
お好きな人にはたまんないところです。
何度か通うとより楽しく(?)なりますね。




ルーズメリー
こんにちは~。

さっそく、こちらのブログにも来て頂きまして、
有り難うございます。

この前の私のコメント↑削除せず、汚れたままでしたね。

申し訳ございません。

の事は よくわかりません。
しかし、鳥の居つく場所は好きです。

佐潟・瓢湖・鳥屋野潟・じゅんさい池。。。。。。
私のH.P(ちょこっと寄り道~P.P.P~)の中の【風の吹くまま】に これらの項目(佐潟・瓢湖・鳥屋野潟・じゅんさい池)があり、クリックして頂くと、その場所の へタッピな画像が現れます。

新潟が 懐かしくなった時 訪れてみてください。
(アドレスは、上のurlに入れています。)


画像ではない 柔らかさ 良いですよね~。
描けたら どんなに良い事か。。。

また、お邪魔させてくださいね。

P.S 私のブログのコメント欄に この事を追加しようとしたら、できませんでした。失礼な事でしたら、お許しくださいませ。


ルーズメリーさん
のほほん父さん
HPも拝見させていただきました。
懐かしい場所あり、知らない場所ありで
新潟も着々と変わってるのでしょうね。



mika
こんばんは
始めまして
私の大好きなオオヒシクイ~~~♪
飛翔素晴らしいです。



mikaさん
のほほん父さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログ拝見させていただきました。
mikaさんのところも福島潟で楽しんでおられますね。
福島潟でこのように盛り上がるとは予想しませんでした。
やはりお好きな方にはたまらない所なのでしょうか。今後ともよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
とっても良い情景ですね(^O^)
この距離感、確かにEーフィーリングです
その思い入れが水彩として現れたのですね♪
引きの絵はは情が有ります(^O^)
2006/02/18(Sat) 17:41 | URL  | kei3x #-[ 編集]
福島潟
のすぐ脇にある中華料理のレストラン、(名前忘れちゃった)たまに行きました。おいしかった~♪鳥には全く目が行きませんでした^^;新潟で鳥といえば瓢湖の白鳥と朱鷺。ヒシクイ、知らなかった~。お絵描きはステキですね~。色合いも落ち着いていい配色ですし。やはりPCでは出来ない透明感があるようです。言葉で言えば、すっきりとした透明感という感じです。
2006/02/18(Sat) 19:25 | URL  | mahsa #kmtdRMCw[ 編集]
3色でこの深み・・・。うっとりしますねえ~。
一羽一羽羽ばたき方が違うのも味があります。
「えさくれー」と言わないとしたら自分たちで調達しているんですね。えらい!
2006/02/18(Sat) 23:42 | URL  | chitochito #-[ 編集]
いいじゃないですかぁ
 鉛筆画も進んでいるようですね。(^_^)
#私の方は、もっぱらペン画中心になってきたような気がします。
#結局は着彩しますけどね。

 こういう絵もなかなか良いですね。

 先日、猪苗代湖で白鳥やら鴨やらを沢山見てきましたが、やはり鳥の名称を知らないというのはそれだけつまらないですね。
2006/02/19(Sun) 00:05 | URL  | のび太 #-[ 編集]
kei3xさん
確かに思い入れはあります。私にとっては風景というよりは情景ですね。また行って見たいです。
2006/02/19(Sun) 06:10 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
mahsaさん
おや、mahsaさんも昔新潟におられたのですか?奇遇ですね、ニアミスしてたりして。中華レストランあったっけ?いつも弁当持って囲炉裏のある休憩所で食ってたので知りませんでした。
2006/02/19(Sun) 06:15 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
chitochitoさん
ありがとうございます。この鳥には、落ち着ける場所と、餌のための田園地帯が必要なんでしょうね。
2006/02/19(Sun) 06:18 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
のび太さん
鉛筆の方は、落書きですねえ。何でも描いてやろうと思いながら、やっぱり趣味に走ってます(笑)。

鳥さん限らず動植物の名前知ってると、ただの野原が素晴らしいフィールドに大変身です。
2006/02/19(Sun) 06:27 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
鳥たちの
一斉に飛び立つ姿・・・なぜかわからないけどジーンとします。
いまだ福島潟に行けずじまいで・・・
そのかわり、といってはなんですが鳥屋野潟の白鳥を眺めています。
ヒシクイは何月くらいまで福島潟にいてくれるんでしょうね?
私が行けるころにはもういなくなっちゃってるのかもしれませんね(T_T)
2006/02/19(Sun) 11:50 | URL  | banatoma #H6hNXAII[ 編集]
間違った^^;レストランがあったのは、鳥屋野潟でした。失礼いたしました。そなんです。新潟産なんですよ。いつまでたっても雪から逃げられないようです。
2006/02/19(Sun) 16:06 | URL  | mahsa #-[ 編集]
banatomaさん
鳥屋野潟ですか、ナツカシーなあ

ヒシクイは来月には北へ帰っちゃうと思いますよ
見るなら今月中。
今年は寒いからもう少しずれ込むかな?

防寒対策はばっちりと。帽子、手袋必携です。
2006/02/19(Sun) 16:36 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
mahsaさん
あはは。あったかなーって考え込んじゃいました。

いつまでたっても逃げられないって(笑)
もっと寒いところにおられますものね。
2006/02/19(Sun) 16:39 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
こんばんは~♪
24羽もいるね・・・数えました('-'*) フフ
大きさや羽の広げ具合、色合いなども少しずつ違う、根気がいますね、
のほほんさん、おみごと(^-^)//""パチパチ
2006/02/20(Mon) 18:50 | URL  | かぼちゃ #iAqHXQpI[ 編集]
ひしくい
ひしくい、初耳なので昨日ちょっと調べてみました。姿を見る限りカモと同じようですが、結構大型なんですね。北の方だけでしょうか?

絵も額に入れたいような絵ですが、こういう絵を見るとつい、「カモとりごんべえ」の絵本を思い出してしまいます。
懐かしいなぁ。
2006/02/21(Tue) 12:32 | URL  | せんめい #-[ 編集]
かぼちゃさん
ありがとうございます。
24羽もいるんですねえ~。知りませんでした(笑)

このモチーフでもう少し大きい絵を描きたいですね
そのうち、機会があれば、いつか・・・たぶん。
2006/02/21(Tue) 22:22 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
せんめいさん
ハクチョウよりはちょっと小さいかな?という大きさですね。ヒシクイ、オオヒシクイが見られます。マガンの類かな?見えるのは北陸、東北くらいじゃないかなあ。日本海側ならもうちょい南まできてるかな?
色は地味だけど上品な鳥です。
2006/02/21(Tue) 22:34 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
ステキ!(^^)!
この絵とても癒されますぅ♪シンプルで屏風絵のような。。飽きない味がとってもお気に入りで~すv-238
2006/02/21(Tue) 23:57 | URL  | nao #Key5q6Pc[ 編集]
naoさん
naoさん、ありがとう。
技術的には拙いのですが、和んでいただければ幸いです。
2006/02/22(Wed) 22:16 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
こうしたシンプルな色使いのシルエットは心に沁みますね。白っぽいところで靄の漂う空気感を感じ取ることができます。
》自然道も観察小屋も、ヒシクイを脅かさない程度の距離が置かれていまして
いいですね~、そうしたフィールド。
誰もいない早朝、羽音が凛とした空気に反響する瞬間を捉えてみたいです。
2006/02/23(Thu) 22:44 | URL  | うずら #EjJdk8VM[ 編集]
うずらさん
いいですね、うずらさんの写真で福島潟。想像してしまいました。

でも鳥との距離がありすぎて撮影には向かないかな?
機材にもよるかなあ。
2006/02/24(Fri) 18:05 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
ヒシクイのシルエット画が素敵です!
nohohontousanさん@こんにちは!!Yahoo!ブログから跳んできました。
先日はコメント有難うございました。
このシルエット画は飛んでいる感じで和風っぽくて額にいれたいほど見ごたえがありますよ。
なかなか絵を書く時間がとれないので骨董屋で時々買い始めました。
絵の記事を書いた時にトラックバックしたいのですが如何でしょうか。
2006/02/24(Fri) 20:57 | URL  | BARISTA悠 #IzzJpWVA[ 編集]
BARISTA悠さん
ありがとうございます。トラバの件OKですよ。
身の回りに絵を買うという人がいないもんですから
骨董屋で買うと聞くと、なんだかすごいと思ってしまいました。
お気に入りの絵が手に入ったら、見せてくださいね。
2006/02/25(Sat) 09:16 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/25(Sat) 11:10 |   |  #[ 編集]
はじめまして。
こんにちは~。
とても、親しみやすいステキな色合いと思ってみていました。
福島潟ですか!
先週、行ってきました。
昨年度の「ビュー福島潟」の館長だった片岡鶴太郎氏のファンだった事と自然がいっぱいの福島潟に魅了された事で、パスポートを作っています。
残念な事に、オオヒシクイは、「ビュー福島潟」の展示物しかしりません。
オニバス・・蓮などは見ごろの物を見ることができました。
本当に あそこに居ると、5感が研ぎ澄まされます。

こんなにすてきな絵が描けるのですね。
感激して、コメントしてしまいました。
お邪魔しました。
夏にオニバス
2006/02/27(Mon) 21:48 | URL  | ルーズメリー #-[ 編集]
ルーズメリーさん
はじめまして。初コメありがとうございます。
片岡鶴太郎氏は館長になってたのですか、びっくりです。

福島潟を気に入っていただけた様でうれしいですね
(別に関係者でもなんでもないのですが)

かの地は慣れない人にはただの葦原ですが
お好きな人にはたまんないところです。
何度か通うとより楽しく(?)なりますね。

2006/02/28(Tue) 22:36 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
こんにちは~。

さっそく、こちらのブログにも来て頂きまして、
有り難うございます。

この前の私のコメント↑削除せず、汚れたままでしたね。

申し訳ございません。

の事は よくわかりません。
しかし、鳥の居つく場所は好きです。

佐潟・瓢湖・鳥屋野潟・じゅんさい池。。。。。。
私のH.P(ちょこっと寄り道~P.P.P~)の中の【風の吹くまま】に これらの項目(佐潟・瓢湖・鳥屋野潟・じゅんさい池)があり、クリックして頂くと、その場所の へタッピな画像が現れます。

新潟が 懐かしくなった時 訪れてみてください。
(アドレスは、上のurlに入れています。)


画像ではない 柔らかさ 良いですよね~。
描けたら どんなに良い事か。。。

また、お邪魔させてくださいね。

P.S 私のブログのコメント欄に この事を追加しようとしたら、できませんでした。失礼な事でしたら、お許しくださいませ。
2006/03/01(Wed) 10:35 | URL  | ルーズメリー #-[ 編集]
ルーズメリーさん
HPも拝見させていただきました。
懐かしい場所あり、知らない場所ありで
新潟も着々と変わってるのでしょうね。
2006/03/01(Wed) 22:30 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
こんばんは
始めまして
私の大好きなオオヒシクイ~~~♪
飛翔素晴らしいです。

2006/03/02(Thu) 20:42 | URL  | mika #aEtfd7zU[ 編集]
mikaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログ拝見させていただきました。
mikaさんのところも福島潟で楽しんでおられますね。
福島潟でこのように盛り上がるとは予想しませんでした。
やはりお好きな方にはたまらない所なのでしょうか。今後ともよろしくお願いします。
2006/03/02(Thu) 22:32 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
{{{写真は友人の水彩画家 高崎尚昭氏の作品〈奈良東大寺二月堂付近〉です。}}}{{{彼が2月1日付けで3冊目 〈水彩画 これ1冊で 形のとり方が わかる!~初歩からの透視図~}}}{{{(税込\1,260) 〉 を紀伊国屋書房から発売しました。}}}{{{ [[img(http://proxy.f2.ymdb.
2006/02/25(Sat) 11:12:53 |  ☆☆Cafe かぼす 開業準備中☆☆
そこの風景画とすれば98年の地震で被害を受けたらしいが今はどうなっているのでしょうか。それとも教会のような塔や建物が集まっているところからトスカーナ地方中世の塔の町サン・ジミニャーノでしょうか。サン・ジミニャーノは塔だらけみたいな街並なので違うかもしれま
2006/02/26(Sun) 22:18:20 |  ☆☆Cafe かぼす 開業準備中☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。