鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




魚ではありません(笑)

オグロシギが来ているという情報がありましたので
久しぶりに阿部池へ出動しました。

遠くながらオグロも確認でき
さらにはシマアジも見ることが出来ました。
初見です。白い眉が特徴的ですね。

未だに冬のカモたちがいる一方で
カルガモのチビスケがいたり
ダイサギは夏の色に変わっていたりで、面白いものです。

ところでフィールドノートに使っているモールスキンの手帳が尽きたので
新しいノートを買わなくてはと思っておりますが
どうもしっくりくるものがないです。
今度はモールスキンの水彩にするかなー
スポンサーサイト

【2007/05/13 18:31】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

こんばんは
hitakijo
何時ながら楽しいスケッチですね。ほのぼのさがとても良いですね。
阿部池いいところですね。今の時期シマアジやマヒワetc. 
楽しかったでしょうね。

hitakijoさん
のほ
いつもコメントありがとうございます。
励みになります。
阿部池は、決して綺麗とは言いがたい場所ですが
エサと安全が確保されているのでしょうね。
色々な鳥が来るところです。餌付けする人も(あまり)いませんし。

それでも、まだ冬のカモたちが残っていることに驚きました。


とうとう購入するですね
えろぞー
シマアジという鳥さんが居るのですね。ビックリ。
やはり泳ぎが達者で、もしかしたらバタフライや背泳ぎなんぞしたりして・・・・・?
ごめん、アホで・・・・・

しまあじ
mahsa
とRSSで見てくる私。生きてる魚は触れない私でも、食い意地が勝った^^;

えろぞーさん
のほ
本日は激しい二日酔いで死んでいました

シマアジ、水面下に顔を突っ込んで、忙しく食事しており、見つけるのに苦労しました。
初見でうれしかったっす。


mahsaさん
のほ
なぜか魚のシマアジをあんまり食べた記憶がないですが
旨いと聞いております。どんなかな。

海へ転向?
teruhikomoriki
一瞬、海へ転向かと思いました、鳥と魚で
同じ名前がーー珍しいですね、名前は
どっちが先?。

teruhikomorikiさん
のほ
えーと、思わず手持ちの本を漁るとですな・・・

鳥のシマアジは「江戸中期」には、そう呼ばれていた様です。
「あぢ」はコガモの古名、
「しま」は接頭語でちょっと変わってるという意です。

確かにこやつはコガモと同じくらいの大きさで
コガモの群れに混じって行動するっていいますから
とっても納得できる名前なのですね。
昔の人もよく見てるわ。

・・・でも魚の方は、いつからかはわからんかった(爆)


追記
のほ
気になったので「あぢ」で調べると、コガモの古名ではなくトモエガモの古名とある。
ええーいどっちなんだ!といいたいが
気分的にコガモの方にしたいものです。

以上、どうでもいいことでしょうけど、
趣味なものですから・・・

アイシャドー
せんめい
ダイサギの夏羽アイシャドー、綺麗ですね。
去年、コウノトリ公園に行ったときにもなぜかダイサギの方、感心してみていました。
どこにでもいるのにね。

せんめいさん
のほほん父さん
繁殖期の装いというのは、見慣れている鳥でもハッっとしますね。
普段地味な女の子がたまにがんばりましたって感じでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
何時ながら楽しいスケッチですね。ほのぼのさがとても良いですね。
阿部池いいところですね。今の時期シマアジやマヒワetc. 
楽しかったでしょうね。
2007/05/13(Sun) 19:37 | URL  | hitakijo #mQop/nM.[ 編集]
hitakijoさん
いつもコメントありがとうございます。
励みになります。
阿部池は、決して綺麗とは言いがたい場所ですが
エサと安全が確保されているのでしょうね。
色々な鳥が来るところです。餌付けする人も(あまり)いませんし。

それでも、まだ冬のカモたちが残っていることに驚きました。
2007/05/14(Mon) 00:04 | URL  | のほ #-[ 編集]
とうとう購入するですね
シマアジという鳥さんが居るのですね。ビックリ。
やはり泳ぎが達者で、もしかしたらバタフライや背泳ぎなんぞしたりして・・・・・?
ごめん、アホで・・・・・
2007/05/18(Fri) 14:30 | URL  | えろぞー #4jYFsd9U[ 編集]
しまあじ
とRSSで見てくる私。生きてる魚は触れない私でも、食い意地が勝った^^;
2007/05/18(Fri) 23:45 | URL  | mahsa #-[ 編集]
えろぞーさん
本日は激しい二日酔いで死んでいました

シマアジ、水面下に顔を突っ込んで、忙しく食事しており、見つけるのに苦労しました。
初見でうれしかったっす。
2007/05/19(Sat) 20:20 | URL  | のほ #-[ 編集]
mahsaさん
なぜか魚のシマアジをあんまり食べた記憶がないですが
旨いと聞いております。どんなかな。
2007/05/19(Sat) 20:23 | URL  | のほ #-[ 編集]
海へ転向?
一瞬、海へ転向かと思いました、鳥と魚で
同じ名前がーー珍しいですね、名前は
どっちが先?。
2007/05/22(Tue) 18:26 | URL  | teruhikomoriki #-[ 編集]
teruhikomorikiさん
えーと、思わず手持ちの本を漁るとですな・・・

鳥のシマアジは「江戸中期」には、そう呼ばれていた様です。
「あぢ」はコガモの古名、
「しま」は接頭語でちょっと変わってるという意です。

確かにこやつはコガモと同じくらいの大きさで
コガモの群れに混じって行動するっていいますから
とっても納得できる名前なのですね。
昔の人もよく見てるわ。

・・・でも魚の方は、いつからかはわからんかった(爆)
2007/05/22(Tue) 21:48 | URL  | のほ #-[ 編集]
追記
気になったので「あぢ」で調べると、コガモの古名ではなくトモエガモの古名とある。
ええーいどっちなんだ!といいたいが
気分的にコガモの方にしたいものです。

以上、どうでもいいことでしょうけど、
趣味なものですから・・・
2007/05/23(Wed) 20:27 | URL  | のほ #-[ 編集]
アイシャドー
ダイサギの夏羽アイシャドー、綺麗ですね。
去年、コウノトリ公園に行ったときにもなぜかダイサギの方、感心してみていました。
どこにでもいるのにね。
2007/05/29(Tue) 19:07 | URL  | せんめい #-[ 編集]
せんめいさん
繁殖期の装いというのは、見慣れている鳥でもハッっとしますね。
普段地味な女の子がたまにがんばりましたって感じでしょうか。
2007/05/29(Tue) 21:44 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。