鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




なんと申しましょうか、久々のフィールドノート更新でございます。
休みが取れると寸暇を惜しんで遊んでおりますので、忙しい忙しい。

本日は山に行って、帰ったらチャリ乗って
乗ってるうちに御近所でヒレンジャクに出会うことが出来、
思わず家族を呼び寄せて観察したあと、フィールドノートを描いておりました。

ということで、ヒレンジャクです。初見です。
ヤドリギの実を好むため
図鑑には必ずウンチしている写真が載るアワレなヤツですが
元来はとても美しい鳥なのでございます。
冠羽がファンキーですね。

渡りの季節なのでここのところ目撃情報が続いていて、気にしていました。
家族全員見れてよかったです。

(スキャナで取り込み時に色調が変わっちゃいましたが・・・涙)

スポンサーサイト

【2007/02/25 17:23】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

命名・悲憐ジャク(うんちの写真より)
えろぞー
髪型(寝ぐせ)がタゲリと似てるぜ~と思いました。
髪型のことを冠羽と言うのですね。メモメモ。あ、これ以前メモしたことあるかしら・・・・・

あのー、
> 久々のフィールドノート更新でございます
ってここんとこツカみになってますね。笑

えろぞーさん
のほほん父さん
似てるぜえなんてコメが来るようになるとは
貴方様も進歩したものでございます。

ええ、もう誰かさんと張り合って山にばかり行くものですから
ワタクシは、忘れていく一方かもしれません

それにしても久しぶりの更新でございました。

こんばんは
hitakijo
30羽ものヒレンジャク、見応えがあった事でしょう。
こちらはまだ連雀が現れません。葛西臨海公園でアカウソは見ました。
タシギは10羽ほどいます。先日は珍しく(ここで見るのは初めて)タマシギがいました。

アカウソ!
のほほん父さん
未見です。見たいんですよねー。
見たらもう、ブログ記事の題名は決まりですね

「まっかなウソ」です。

ウソだよぅ~
エリ
先日私たちもウソを見たのですが、
「お~い、ウソだよ~」という仲間の掛け声に、わかっていても一瞬「?」な感覚になってしまうのが可笑しくて。

ヒレンジャク、目の黒い模様がキリリとしていて美しい鳥ですよね。それが30羽も!思わず家族を呼び寄せちゃう気持ち、わかります^^


ヒレンジャク
せんめい
西日本にもいるのですね。群れを作るのにあまり見かけないというのも不思議な話です。ヒヨドリ並に群れるのならもっと目立っておくれ。
モモレンジャクにも逢いたいな。

エリさん
のほほん父さん
コメありがとうございます。
チャンスがあれば「ウソだよー」ってやってみたいんですけどね(笑)

ヒレンジャク、想像してたより一回りくらい小さかったです。そしてとても残念なことに、ウンチ垂れシーンは見えませんでした(笑)。
 【オマケ】
 プロの方にいまさら言うのも失礼なんですけど、なんというか貴ブログの鳥の絵、一筆の調子がピシリと決まってますよね。やはり修練かなあ。

せんめいさん
のほほん父さん
当地では、渡りの時に通り過ぎるだけのようです。
なので、話題が出始めたら意識して電線とか、ピラカンサのある他人の庭とか眺めましょう。
くれぐれも変質者に間違われないように(笑)



かぼちゃ
おはよう~♪
久しぶりの更新ですね^^。
ヒレンジャク、初見だったんですか・・・
カッコいい感羽が見れてよかったです。

プロフ画像、足にしがみついてる子供たちが可愛いですね。
たくましいお父さんですこと・・・(o^^o)ふふっ♪ 



かぼちゃさん
のほほん父さん
いやー、これはリンク先の三毛画伯が描いた物でして。
子供たちはなんというか、「待て、落ち着け父ちゃん」という感じですな。


三毛
たしかにファンキーモンキーな冠ですね!ところでこの鳥のうんちスタイルってそんなに珍しいのでしょうか?気になったもので。

三毛画伯
のほほん父さん
えと、ヤドリギという寄生植物がございまして。
御存知かと思いますが、コイツの実は種子回りにネバネバの粘液がございます。
鳥がこの実を丸呑みすると、ウンチとして種子が出てくる時に、ネバネバーと尾を引くというか垂れるのでございます。
で、この実を好むのがレンジャクというわけで
図鑑とか鳥の本でコイツが紹介される時には、たいていお尻からウンチがネバーと垂れ下がった写真だったりするのです。可哀想にね。

ヤドリギとしては、このネバネバを利用して別の木の幹に種子を付着させ、新たな宿主を広げていくわけですから、鳥さんの飛行能力でより勢力拡大できるのですね。よくできてますね。


お久しぶりで~す♪
nao
父さんの季節がやってきましたね~^^ヒレンジャク確かに鶏冠がファンキーでカッコいいですね♪プロフ画像もかっわいー!(^^)!

おや、naoさん久しぶり
のほほん父さん
御無沙汰でしたね。
アトリエも開いたそうで、おめでとうございます。
プロフは三毛画伯によるものです。
最近は絵の方が、ちーとも進まないので、お恥ずかしい限りですがな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
命名・悲憐ジャク(うんちの写真より)
髪型(寝ぐせ)がタゲリと似てるぜ~と思いました。
髪型のことを冠羽と言うのですね。メモメモ。あ、これ以前メモしたことあるかしら・・・・・

あのー、
> 久々のフィールドノート更新でございます
ってここんとこツカみになってますね。笑
2007/02/25(Sun) 20:42 | URL  | えろぞー #4jYFsd9U[ 編集]
えろぞーさん
似てるぜえなんてコメが来るようになるとは
貴方様も進歩したものでございます。

ええ、もう誰かさんと張り合って山にばかり行くものですから
ワタクシは、忘れていく一方かもしれません

それにしても久しぶりの更新でございました。
2007/02/25(Sun) 21:28 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
こんばんは
30羽ものヒレンジャク、見応えがあった事でしょう。
こちらはまだ連雀が現れません。葛西臨海公園でアカウソは見ました。
タシギは10羽ほどいます。先日は珍しく(ここで見るのは初めて)タマシギがいました。
2007/02/25(Sun) 22:03 | URL  | hitakijo #mQop/nM.[ 編集]
アカウソ!
未見です。見たいんですよねー。
見たらもう、ブログ記事の題名は決まりですね

「まっかなウソ」です。
2007/02/25(Sun) 22:23 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
ウソだよぅ~
先日私たちもウソを見たのですが、
「お~い、ウソだよ~」という仲間の掛け声に、わかっていても一瞬「?」な感覚になってしまうのが可笑しくて。

ヒレンジャク、目の黒い模様がキリリとしていて美しい鳥ですよね。それが30羽も!思わず家族を呼び寄せちゃう気持ち、わかります^^
2007/02/26(Mon) 21:43 | URL  | エリ #rRr4pCDM[ 編集]
ヒレンジャク
西日本にもいるのですね。群れを作るのにあまり見かけないというのも不思議な話です。ヒヨドリ並に群れるのならもっと目立っておくれ。
モモレンジャクにも逢いたいな。
2007/02/26(Mon) 21:54 | URL  | せんめい #-[ 編集]
エリさん
コメありがとうございます。
チャンスがあれば「ウソだよー」ってやってみたいんですけどね(笑)

ヒレンジャク、想像してたより一回りくらい小さかったです。そしてとても残念なことに、ウンチ垂れシーンは見えませんでした(笑)。
 【オマケ】
 プロの方にいまさら言うのも失礼なんですけど、なんというか貴ブログの鳥の絵、一筆の調子がピシリと決まってますよね。やはり修練かなあ。
2007/02/26(Mon) 23:54 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
せんめいさん
当地では、渡りの時に通り過ぎるだけのようです。
なので、話題が出始めたら意識して電線とか、ピラカンサのある他人の庭とか眺めましょう。
くれぐれも変質者に間違われないように(笑)
2007/02/27(Tue) 00:00 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
おはよう~♪
久しぶりの更新ですね^^。
ヒレンジャク、初見だったんですか・・・
カッコいい感羽が見れてよかったです。

プロフ画像、足にしがみついてる子供たちが可愛いですね。
たくましいお父さんですこと・・・(o^^o)ふふっ♪ 

2007/02/28(Wed) 08:28 | URL  | かぼちゃ #iAqHXQpI[ 編集]
かぼちゃさん
いやー、これはリンク先の三毛画伯が描いた物でして。
子供たちはなんというか、「待て、落ち着け父ちゃん」という感じですな。
2007/03/01(Thu) 23:21 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
たしかにファンキーモンキーな冠ですね!ところでこの鳥のうんちスタイルってそんなに珍しいのでしょうか?気になったもので。
2007/03/01(Thu) 23:32 | URL  | 三毛 #-[ 編集]
三毛画伯
えと、ヤドリギという寄生植物がございまして。
御存知かと思いますが、コイツの実は種子回りにネバネバの粘液がございます。
鳥がこの実を丸呑みすると、ウンチとして種子が出てくる時に、ネバネバーと尾を引くというか垂れるのでございます。
で、この実を好むのがレンジャクというわけで
図鑑とか鳥の本でコイツが紹介される時には、たいていお尻からウンチがネバーと垂れ下がった写真だったりするのです。可哀想にね。

ヤドリギとしては、このネバネバを利用して別の木の幹に種子を付着させ、新たな宿主を広げていくわけですから、鳥さんの飛行能力でより勢力拡大できるのですね。よくできてますね。
2007/03/01(Thu) 23:59 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
お久しぶりで~す♪
父さんの季節がやってきましたね~^^ヒレンジャク確かに鶏冠がファンキーでカッコいいですね♪プロフ画像もかっわいー!(^^)!
2007/03/13(Tue) 12:12 | URL  | nao #-[ 編集]
おや、naoさん久しぶり
御無沙汰でしたね。
アトリエも開いたそうで、おめでとうございます。
プロフは三毛画伯によるものです。
最近は絵の方が、ちーとも進まないので、お恥ずかしい限りですがな。
2007/03/13(Tue) 21:29 | URL  | のほほん父さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。