鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えなが


下絵は一度別宅で公開してたんですが
今回魔が差して、ごくあっさりめに塗ってみた。
意図していなかったけど、エナガ君が凛とした感じになりました。

下絵です

塗れば塗ったで印象がかわるものですねぇ。
スポンサーサイト

【2007/05/27 00:34】 | 水彩画
トラックバック(0) |

かわいい~♪
mahsa
父さんの絵っていつもほのぼのとしてかわいい。
お友達のブログで実物を写真で見せてもらいましたが、鳥さんの苦手な私にはやはり赤いお目目とくちばしが。。。でも父さんのエナガはかわいいです。触りたくなっちゃいます。

こんばんは
hitakijo
なんと、素晴らしい ! !
動きがあって、上高地で同じようなポーズのエナガを見て来ました。
目の表情が良いですね。

mahsaさん
のほほん父さん
本物を見てくれれば、間違いなく触りたくなると思います。北海道だとこの亜種のシマエナガがいます。こちらのかわゆさは最終兵器です。今度見てくださいね

hitakijoさん
のほほん父さん
過分のお言葉、ありがとうございます。
シンプルに・・・を心がけつつ、その一方でメリハリを利かせなきゃと思っています。

エナガ
せんめい
エナガはじっくり見るかわいいような不思議な雰囲気で飽きない顔をしていますね。
そういえばとりぱんの3が出ていますね。
買いましたよ。

せんめいさん
のほほん父さん
エナガは可愛いですね。
とりぱん3・・・実は私も買いました。
ちょっと鳥から離れてきた感もありますが
とりあえず、いじめられキャラの、つぐみんに笑っております。

お~♪♪♪
えろぞー
色づいたエナガさんもス・テ・キ♪
今にも動き出しそうですなぁ。上手ね~。
とりぱん3!出たのですね。早速購入に走らねばねば。


erozoさん(とかくと字面がかっこいい)
のほほん父さん
塗ったら塗ったで雰囲気がずいぶんかわるものですね
とりぱん3、ぜひどうぞ。つぐみんがいいです。


バリ父
素敵ですねぇ。
我が家に飾りたいです!

バリ父さん
のほほん父さん
我が家では月代わりくらいでひそやかに飾ってます。
文字通り自画自賛ってヤツです(笑)

それにしてもコージツブログ復活しませんね

コメントを閉じる▲



魚ではありません(笑)

オグロシギが来ているという情報がありましたので
久しぶりに阿部池へ出動しました。

遠くながらオグロも確認でき
さらにはシマアジも見ることが出来ました。
初見です。白い眉が特徴的ですね。

未だに冬のカモたちがいる一方で
カルガモのチビスケがいたり
ダイサギは夏の色に変わっていたりで、面白いものです。

ところでフィールドノートに使っているモールスキンの手帳が尽きたので
新しいノートを買わなくてはと思っておりますが
どうもしっくりくるものがないです。
今度はモールスキンの水彩にするかなー

【2007/05/13 18:31】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

こんばんは
hitakijo
何時ながら楽しいスケッチですね。ほのぼのさがとても良いですね。
阿部池いいところですね。今の時期シマアジやマヒワetc. 
楽しかったでしょうね。

hitakijoさん
のほ
いつもコメントありがとうございます。
励みになります。
阿部池は、決して綺麗とは言いがたい場所ですが
エサと安全が確保されているのでしょうね。
色々な鳥が来るところです。餌付けする人も(あまり)いませんし。

それでも、まだ冬のカモたちが残っていることに驚きました。


とうとう購入するですね
えろぞー
シマアジという鳥さんが居るのですね。ビックリ。
やはり泳ぎが達者で、もしかしたらバタフライや背泳ぎなんぞしたりして・・・・・?
ごめん、アホで・・・・・

しまあじ
mahsa
とRSSで見てくる私。生きてる魚は触れない私でも、食い意地が勝った^^;

えろぞーさん
のほ
本日は激しい二日酔いで死んでいました

シマアジ、水面下に顔を突っ込んで、忙しく食事しており、見つけるのに苦労しました。
初見でうれしかったっす。


mahsaさん
のほ
なぜか魚のシマアジをあんまり食べた記憶がないですが
旨いと聞いております。どんなかな。

海へ転向?
teruhikomoriki
一瞬、海へ転向かと思いました、鳥と魚で
同じ名前がーー珍しいですね、名前は
どっちが先?。

teruhikomorikiさん
のほ
えーと、思わず手持ちの本を漁るとですな・・・

鳥のシマアジは「江戸中期」には、そう呼ばれていた様です。
「あぢ」はコガモの古名、
「しま」は接頭語でちょっと変わってるという意です。

確かにこやつはコガモと同じくらいの大きさで
コガモの群れに混じって行動するっていいますから
とっても納得できる名前なのですね。
昔の人もよく見てるわ。

・・・でも魚の方は、いつからかはわからんかった(爆)


追記
のほ
気になったので「あぢ」で調べると、コガモの古名ではなくトモエガモの古名とある。
ええーいどっちなんだ!といいたいが
気分的にコガモの方にしたいものです。

以上、どうでもいいことでしょうけど、
趣味なものですから・・・

アイシャドー
せんめい
ダイサギの夏羽アイシャドー、綺麗ですね。
去年、コウノトリ公園に行ったときにもなぜかダイサギの方、感心してみていました。
どこにでもいるのにね。

コメントを閉じる▲


GWの家族旅行続きです。
動物園を後にした我々はスーパーで買出しなどし、
大洲市のキャンプ場のコテージでのんびりしておりました。

四国の山々は広葉樹林も多く、広く豊かで深そうです。

はぁ~ええなあ、四国。

周りの山道で先日教わった山菜を探しますが、簡単にみつかろうはずもなく
ほっつき歩いているとサンショウの木を発見。
これはラッキーと喜んで若葉をつんでみると・・・香りが弱い。
図鑑で調べるとサンショウではなくイヌザンショウだった様です。残念。
その夜は、愛媛名物ジャコ天、鮎の塩焼き、なぜか刺身盛り合わせといった
およそ山のキャンプらしからぬメニューと、「いいちこ」その他で沈没しました。

朝は夜明けとともに、湧き上がるような野鳥達の声で目が覚め
寝てる家族を置いて、一人まわりの山道を歩いておりました。

はぁ~、ええなあ山は。

今回はキビタキメスを見ました
ヒタキ系のメスは総じて地味だけど、品があって可愛いですね。

【2007/05/02 20:51】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

とても楽しそうですね
hitakijo
こんばんは。
>湧き上がるような野鳥達の声・・・・
とても羨ましい(笑)
ジャコ天、美味いですよね。

hitakijoさん
のほ
コメントありがとうございます。楽しかったっす。
今読み返すと、わざわざ愛媛でやる必然性はないですねー(笑)。
まあ、じゃこ天が美味しかったので良しとします。


Shi-ton
こんばんは。
野鳥の声で目覚めるというのは私の目下の夢でございます。いいですね~
キビタキの雌、可愛いですよね。のほさんのイラストは本物よりも可愛く見えます(笑
あとメジロのさえずりというのは先日初めて聞きました。複雑にさえずるので、なんの鳥?と探すとメジロだったのでびっくりした記憶があります。


Shi-tonさん
のほ
コメントありがとうございます。
県北でキャンプしたら、夜明け直前のあたりから鳥さんは大騒ぎです。試してみてください。

メジロのさえずり、私も今回が多分初めてです。
普段落ち着きのないメジロも、さえずりとなると腰を据えて堂々とやってました。




うずら
》四国の山々は広葉樹林も多く、広く豊かで深そうです
京都のほうは針葉樹が多いので、意外と鳥影が薄いんですよね。
》ヒタキ系のメスは総じて地味だけど、品があって可愛いですね
僕もそう思います。キビのメスもかわいいですよね(写真より絵のほうがそれは伝わりますね)。
のほほん父さんさんの文章、そして絵をみていたら、あ~、かなり撮りたくなってきました!

うずらさん
のほ
うずらさんの写真ファンの私としては
再起動を心待ちにしておりました。
復活オメです。



じゃこ天
せんめい
割としょっちゅう食べているのですが大好きです。
また食べたくなってきました。
山は岡山と愛媛同じようなものだと思っていましたが・・・違いますか?大洲の方は風土的にも違うのかもしれませんね。
アウトドアでの目覚め!また味わいたいものです。

せんめいさん
のほ
じゃこ天、焙って食いました。ちょこっとしたつまみにいいですね。地元スーパーで買ったんですが、SAの価格の1/3でした。ナンナンダSA価格は。

斜面が急なところが多いなあっていうのが、パッと見の山の印象ですね。で、山塊が大きそうだなあと思います。

知らぬ間に・・・!
えろぞー
更新されている~♪
絵の鳥さんの目がキラキラして見えます。上手ね~♪
そして、じゃこ天でイイチコ、美味そうじゃ~♪ヨダレじゅるじゅるもんですな。
愛媛に行かれてたのですね。
剣山-ジロウギュウ縦走しただけですが、四国のお山は深く厳しそうだなと思ったです。
27日に東赤石山予定です。にゃはっ。
(その前に捻挫を完治させねば・・・・・左足首かばってたら右足首も・・・・・その上テーピングにもかぶれて・・・・・涙)

えろぞーさん
のほ
じゃこ天、ちょっと焙るとおいしいよ。
東赤石山、ウラヤマシー。
捻挫、早く良くなれ。

コメントを閉じる▲
動物園にてオオセグロカモメを見る


ここのところ家族をほっぽって山ばかり行ってましたので
家族サービスに愛媛へ行ってました。

ほとんど発作的かつ無計画な旅行だったのですが、まあまあ楽しんでもらいました。

画像はとべ動物園で観察した鳥です(笑)
こやつらは飼われているわけではありません。
アシカ舎でまかれる魚狙いでいるに違いありません。

ことにアオサギは園内の木々にコロニーを作っており
関係者の頭を悩ませているのだろうと思われます。


【2007/05/01 11:53】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

こんにちは
hitakijo
動物園で野生の鳥を見る、いいですね。(笑)
そちらはオオセグロカモメとアオサギですか。
私も1昨年2月に25年くらい振りに上野動物園にいきました。
ペンギンの餌目当てにコサギとユリカモメが来ていました。(笑)
最近の動物園は結構面白いですね。レストランにゴリラのメニューがあって、それを注文したら結構美味かったです。

動物園
せんめい
長いこと動物園にも行ってませんが、あそこは住み着き動物も多くて楽しいですね。勤務先が天王寺ドの近くの頃、お昼を食べに行ったりしていましたよ。

それにしてもとべ動物園とは意外なところへ行くのですね。私は愛媛出身ですが道後動物園だった頃に一回行ったきりです。昔は不便だったので、愛媛でも西のほうにはあまり縁がありませんでした。

hitakijoさん
のほ
動物園って、スケッチに行くと楽しいところかもしれません。
今回も子連れで行きましたが、子供はすぐに飽きてしまって・・・
もはや動物園という年でもないのでしょう。

私は飽きないのだけれど(精神年齢低い?)


せんめいさん
のほ
当日朝に、行く場所と宿を決めるという無計画ぶりでした。
もっともいざとなったら家族キャンプするつもりだったので、オキラクなものです。

四国は個人的にツボなので
じっくり探求してみたく思っています。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。