鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



先週の那岐山は鳥さんを見る余裕もなく、また父ちゃんだけが楽しんだので
今週の休みは家族鳥見としました。

そんなわけで久しぶりに岡山市の飛行場横にある阿部池に行きました。
風が非常に強かったため小鳥系はあまり見かけず
カモ類も葦原の風下に移動しておりました。

大小のカモに混じってひときわ巨大な鳥がいます。コシベニペリカンです。
アフリカあたりの鳥で、日本の鳥じゃありません。一人見ていたおじさんに教えてもらいました。
野生種ならレアな迷鳥。あるいは篭脱け脱走犯かもしれません。

ペリカンってあの口ですから、何となく愛嬌のある印象があったのですが
こいつがゆっくりと水面を泳ぎ始めると、威風堂々として軍艦が進む様です
実にかっこえぇ~。ペリカンをみなおしました。

感心していると近くからチョウゲンボウが飛び出しました。
得意のホバリングをしながら飛行場の草原方面へ消えていきます。
ネズミか小鳥狙いでしょう。

こやつはハヤブサの仲間ですが、目がクリクリで可愛い猛禽です。
今度はとまっているところを見たいものです。
いやー、満足満足(寒かったけど)

そういや昔こんなのも描きました。最近描いてないなー、また描こう。
http://nohohontousan.blog22.fc2.com/blog-entry-52.html
スポンサーサイト

【2006/12/03 21:47】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

鳥見は楽し!
hitakijo
おはようございます。
家族で鳥見いいですね。
スケッチからもとても楽しかった事がにじみ出ています。
見返りチョウゲンボウ、素晴しいです。

今も昔も
ぷにぽわ
変わらず「目がかわいい」とおっしゃってますね。
そういって、奥様も落としたと見た!
子供さんたちも父さんとあちこち遊びにいけてうれしいでしょうね。
卵スープ、今晩作ろう。

hitakijoさん
のほほん父さん
そういってもらえるとうれしいです。
大きくなるとついてこないでしょうから、家族鳥見も今のうちです。


ぷにぽわさん
のほほん父さん
うひゃひゃ
そのような歯の浮くセリフは、しゃべれませんわ。

でもこの鳥はほんとに可愛いので、ちょっと検索してみてください。

卵スープはフリーズドライ品です。冬の屋外にいいですよ。


かぼちゃ
おはよう~♪
コシベニペリカン、愛嬌がありますね~、楽しいですね^^。
♪がついてるのが・・・さすが~って思いました(’-’*) フフ 
チョウゲンボウのくるくるオメメもo(^^)o イイナ~
私も、鳥見たのしもう~~~っと ・・・ (^_-)-☆

ペリカンって
banatoma
絵本やなにかのイラストで見るイメージとはかなり違いますよね
ウインクしてくちばしの中にお魚がちゃぽん、みたいな・・・でも
実物はホントむしろ怖いくらい(笑)

鳥屋野潟、にぎやかになってきてましたよ♪

かぼちゃさん
のほほん父さん
ペリカンっていないはずなんですけどね
現実はコウノトリより見ることが、なぜか多いです。
彼は日本各地をウロウロしているようです。
仲間のところに帰ることができればいいんでしょうか。


banatomaさん
のほほん父さん
あのクチバシの袋でずいぶん得をしている鳥かなあ

ところで鳥屋野潟の冬鳥もふえたでしょうね。
懐かしいです。
新潟に住むこともないでしょうし。福島潟とかも行きたかったなあ。


コシベニペリカン
teruhiko
いいですねーいつ見ても、のほほんとした気持ちになりますね。
描き方を教えて欲しいですね、でも素質の問題?

ぺりかん?
せんめい
相変わらずさぼってますので全く進展がありませんね。
本当に、
こんなペリカンやらチョウゲンボウが見えると分かっていたら寒さにも負けず出かけるのですけどね。

昔動物園でうちの子がペリカンに頭にかぶりつかれたのを思い出します。
見ているだけで楽しくなりそうな鳥ですね。
ペリカン。

揚水の歌に「ライオントペリカン」(?)という歌がありましたが、あのペリカンはいったい何の比喩なのでしょうね。
ずっと気になっています。
揚水のことだから単純に口の大きな女性のことを歌ったのでしょうかねぇ?

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。