鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回の続きなんですが、ちょっとマニアックな内容です。

カモを見に行った池にトビもいたんですが
これが、パンくずか何かをつかんでは池に落とし、急降下しては拾い上げ・・・
というのを、延々と小一時間、繰り返しているのですね。
猛禽の急降下ですからカモも少し騒いだのですが、そのうち平然とする様になりました。
カラスが遊ぶというのも聞いたことはありますが、トビも遊ぶのでしょうか?
 さらに、おどろいたコガモが完全に潜って逃げていました。
キンクロやホシハジロならともかく
コガモもやろうと思えば完全に潜れるのですね。

池の周りを歩いて見ると山の小鳥に出会えました。
開けたところの枝に止まって地面と往復しているのはモズです。
高みに止まってあたりを睥睨するところが猛禽っぽい(笑)。

歩いていると、茂みの方からチッチッと地鳴きがします。
アオジがいました。この鳥はいつもこういうところで見ます
暗い茂みをチョロチョロするのがお好みの様ですね。

・・・そんな鳥見散歩でした。
スポンサーサイト

【2006/01/31 20:19】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

撒き餌?
せんめい
想像ですが、まさか魚を寄せているなんて事もあり得るのでしょうか?おもいのほか鳥類は頭がいいですからね。


かぼちゃ
こんにちは~♪
楽しそうなトビさんも、ビックリして潜っちゃったコガモさんも・・・(・・*oO(想像中).
そんな光景、見てみたいですね。
時間を忘れて見入ってしまいそう・・・(o^^o)ふふっ♪

もしかして
banatoma
そのトビは案外幼くて、狩りの練習中だったとか(笑)
自然の生き物はいろんな想像を掻き立ててくれますね(^^)


せんめいさん
のほほん父さん
おお、撒き餌かあ。そういう見方もありますねえ。
(ササゴイとかもそうですね)
遊びでも撒き餌でも、ワタクシのトビ観を一変させる出来事でした。トビ、侮り難し。


かぼちゃさん
のほほん父さん
行動まで注目すると飽きないでしょうね。
ゆったりと現場でスケッチでもすれば新たな発見も多いのではと思いますが
せっかちな私はついつい次の鳥を追いかけてしまいます。


ばなとまさん
のほほん父さん
狩の練習とすれば、明らかに代替のものを使って、模擬戦をやっていたわけで
それはそれですごい知能ということに。
やはりトビを馬鹿にしてはいけないなあ

さすがによく気づきますね。
mahsa
わたしなら、草むらにいる鳥とか、鳥が延々繰り返していることなんて絶対気づかない。
でも面白いですね。ホントに遊んでいるみたい。からすってとっても頭がいいと聞きますが、きっとトビもそうなのね。3歩歩くと忘れるのはニワトリと私くらい。都合の悪いことは忘れることにしているノー天気^^;

管理人のみ閲覧できます
-



BRbee
いつもながら楽しいフィールドノートですね。
その場の光景が色々浮かんできて、自分も鳥見に行った気分にさせてくれます。

トビさんの行動は???
ミサゴみたいに魚捕るのでしょうか?
それともカモの代わりか?


mahsaさん
のほほん父さん
「見る」つもりで探してますから
私も普通に歩いていると気がつかないです。
鳥見モードの時は歩行が異様に遅いので家族においていかれます。牛歩戦術?


コメントを閉じる▲
アメリカヒドリとコガモ

久しぶりの鳥見です。また珍鳥情報につられてフラフラ出かけてきました。

山にしては整備が行き届いた公園の中に池がいくつかあり、そのうちの一つにカモたちが集まります。
ヒドリガモとオナガガモが大半で、あとはコガモが少々。キンクロやホシハジロは見かけません。
 餌を与える人が多く、カモ達は妙に人に馴れています。
「まあ、餌を与えるのは面白いものなあ」と思っていたら、
ウチの子供達もその辺のオジサンから食パンをもらって、与えていました(←オイオイ)。

アメリカヒドリ(交雑種)とアメリカコガモも運良く見つけることができ
目的は果たしたわけですが、なんといっても間近に見るカモは本当に美しいですね。

【2006/01/29 06:50】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

私も
おぴ~
本日天気もよかったので、かもっぺが集まる池に行ってまいりました。

数百羽いて、ちょっとした花鳥園で、とっても楽しめました。(*^o^*)


かも
せんめい
かも類はまだ特徴をつかめずほとんど同じ姿に見えてしまいます。チョイ差が多いように思えて識別ができません。まだまだ私は現場不足です。

オナガガモ
うずら
の嘴の光沢、思わずそうそう!とうなってしまいました。うまいですね~。
アメリカコガモは未見なのですが、なんともかわいいです。胸の縦線がポイントなんですね。

おぴーさん
のほほん父さん
お久しぶりです。
やっぱり冬鳥ときたらカモですよね。
そういえば神戸の花鳥園ってどうなったのだろう

かもは雄がキレイ
mahsa
かもにもいろいろな種類があるんですね。みな雄がキレイなんですか?あの濡れた様な緑、素晴らしい色ですよね。

せんめいさん
のほほん父さん
まずはオスから、現場に図鑑を持ち込んで実地見学がよろしいかと。メスは私もようわからんです。

うずらさん
のほほん父さん
ありがとうございます。
オナガガモ、沢山いるので「またオナガだ」と、ついつい言ってしまいますが、
バランスの取れたデザインでとても美しいです。
再認識しました。
アメリカコガモは、居れば見つけやすい(笑)と思うので、コガモの群れを見つけたら探してみてくださいね。

mahsaさん
のほほん父さん
たいていはオスが派手ですね。時期がくると、それまでの地味な格好から着替えるんです。
ということはペアリングの決定権はメスにあるってことでしょうか?良く知らないけど。
 メスは地味ながらとても上品ですよ。これはこれで可愛いです。


かぼちゃ
こんばんは~♪
落書きの方ばかり見てた・・(^^;;)
アメリカコガモっているんですね、気がつかなかった・・撮ってたのかな、保存フォト見てみよう~~っと、
サンキュッ (v^-^v)♪
オナガガモ、品がいい顔立ちですね・・(^-^ ) ニコッ

かぼちゃさん
のほほん父さん
こっちの更新は久しぶりですからねえ。
なかなか鳥見にいけません。
最近体調が悪いことが多くて、落書きの方も更新が途絶えました。
厄年のせいかなあ(ボヤキ)

コメントを閉じる▲


写真の模写で、この鳥はズグロミゾゴイです(と描かなきゃわからん絵になりました・・・笑)
リンク先の、のび太さんが鉛筆でサラサラサラリと描かれているのに刺激され、
もっと気楽にと思いつつ、鉛筆画に向いてそうな鳥を描いてみましたが

・・・・

もうちょっと練習しよう

【2006/01/21 10:44】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


BRbee
いろいろな描き方を試されている様子が楽しそうですね。
描いているときどんな事を考えながら書いているのでしょう?
私ももっと気軽に撮影したりするともっと良いのが撮れるでしょうかね(^^

BRbeeさん
のほほん父さん
ここのところ、どうにも気分的にローだったので、ぐずぐずとコタツで描いてます。
描いてるときは「あ、違う」「横顔になるなよ、こっち向け」と大いに悩みながら描いております。

写真は・・・どうなんでしょね?
デジカメになって、みんな練習しやすくなったでしょうね。


mahsa
モノクロでもカラーでも父さんの絵は、デッサンもしっかりしていて、暖かくステキです。鉛筆画も想像力が広がっていいものですね。

mahsaさん
のほほん父さん
ありがとうございます。
たまの鉛筆画や落書きも楽しいですね。
早く、簡潔に、バランスよく描きたいので
今年は、もう少し落書きにチカラを注ごう(笑)。




はじめまして!
日月 神惟
鳥好きなので楽しみに見に来ています。
ひっそりとブログにリンクを貼らせて頂きました。
これからも鳥話と、素敵な鳥絵を見させてくださいね!


nao
きょとんとした表情がカワイイですね^^鉛筆画ってなんか刺激されますね~気楽にササっと描いたら楽しそうですね~naoもやってみよっかなo(*^▽^*)ov-238

日月さん
のほほん父さん
はじめまして。
ひっそりじゃなくて、胸を張ってリンクされてもかまいません(笑)
鳥好きさんですか。期待に沿えるようにがんばります。

naoさん
のほほん父さん
オキラクなコタツ絵です。楽しいですよ。

ブログに載せるかどうかはともかくとして
すばやく、きちんと形をとる練習をしたいなと思いまして、
10分くらいでササっと描くような落書きを、少し増やそうと思います。

もっともこの絵は時間かかりましたが(斑点がねえ・・・)

ササっと
せんめい
ササっと描く・・
あこがれますねぇ。
と(私)言ってますが練習しないのだから上達もするわけないですね。
大枚はたいて鳥の本を買ったのだからそれでも見ながら描いて見よう。

せんめいさん
のほほん父さん
私もそうです(笑)

リンク先の、氏原さんとか水谷さんとか鳥の絵のプロの方ですが、スケッチなんかさすがですもん(まあ、あたりまえだけど)。
ササっと正確・・・いやーあこがれるなあ。


コメントを閉じる▲


コウノトリ情報が舞い込んだので、少々遠かったのですが
家族でいそいそと出かけてきました。

なにせ初めての土地で、我が家だけでの行動です。
見渡す限りの葦原で、どこに行ってよいやらさっぱりわかりません。

珍鳥ですから、他に見てる人がいるに違いないと思いウロウロしていると、
遠くの葦原にカモフラージュされた一人用テントが見えます。
そこから歩いているおじさんも見えました
これは同好の士に違いないと近づきかけましたが・・・変です。

 持っているのは双眼鏡でもなく長いバックです。
釣りの人?と思いましたが、釣竿のバックには見えません。
左手に何か下げています・・・鳥の様です。

狩猟の人だったんですね。初めてでくわしました。
合法か非合法かわかりませんが、私らが近づくのをためらっているうちに、
そのおじさんは、車に獲物を放り込み悠々と去っていきました。
・・・テントおきっぱなしじゃん。


 近所でラーメンを食って気をとりなおしたわれわれは、
地図を頼りに、いそうな水場をチェックします。
 で、
ようやっと出会えました。コウノトリです。
でかいです。動かないです。おかげさまでじっくり見えました。
これで自信をもって「見た」と言い張れます。

それにしても、新年早々ユニークな鳥見でした。

【2006/01/08 23:46】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

特別天然記念物
mahsa
すごいチャンスに恵まれたんですね。よかったですね。鶴の首を短くした感じ?貴重さも分からないで申し訳ありません^^; 赤ちゃんの代わりに幸運を持ってきてくれるといいですね。


かぼちゃ
こんにちは~♪
コウノトリさんが見れてよかったですね~^^。
新しい年、いいこといっぱいありそう・・・('-'*) フフ
丹頂鶴に似てるんですか?、実は丹頂鶴のいる地方で生まれ育ったσ(・・*)です^^。
今、頭の中で重ね合わせ(・・*oO(想像中). ・・優雅なんですね~♪

一家で
BRbee
鳥見なんて素敵ですね。
コウノトリかなり大きな鳥だと聞いてます。
いつかはお目にかかりたいですね。
丹頂も小さくしか・・・
前回と言い、今年の鳥見いい感じですね(^_^)b

mahsaさん
のほほん父さん
国内で自然繁殖していたものは絶滅。
今はまれな冬鳥です。
兵庫で人工孵化→放鳥へ向けてがんばっていますが
(トキの状態に一歩手前というべきか、同等というべきか・・・)


かぼちゃさん
のほほん父さん
野生状態のタンチョウは見たことがないです。
見たのは檻の中のものばかり。いいですねえ。

ちょうど首を短くしてごつくしたタンチョウですね。
じーーーーーとして動きませんでした。

BRbeeさん
のほほん父さん
うちは95%くらいは家族鳥見でして・・・
子供たちが、あと何年つき合ってくれるかわかりませんねえ。

もう少ししたら、父ちゃん一人で見に行くことになるのかも。


うずら
家族揃っての鳥見、素敵ですね。僕はいつもワイフが一緒ですが、子供がいると一層楽しいでしょうね。野生のコウノトリ、おめでとうございます。絵もばっちりです。顔が描かれていないハンターのさりげない描写、何か伝わるものがあります。

うずらさん
のほほん父さん
ありがとうございます。
子供がいると・・・あんまり怪しまれない気がします(苦笑)
そのかわり、じっくり観察なんてことはあり得ないのですが。



せんめい
私も新聞で見てチェックはしていましたが、居ましたか!丹頂を見るほど遠くじゃないのでぜひ見に行ってみたいですね。でもあんまり寒いと同伴者のブーイングにあいますので、さてどうしよう?

素敵ですね~
もりはは
相変わらずフィールドノート素敵ですね。
家族で鳥見なんてうらやましすぎます!
料理上手で、鳥にも詳しいお父さんウチにも欲しいです(^^)

コメントを閉じる▲


久しぶりの鳥見です。といっても実家の里山を散歩しただけなんですが。
 冬の山というと何にもなさそうですが、そこは里山ですから野生の南天をはじめとして、何だか色んな実が残っていました。
植物には疎いので何が何やらわからなかったのですが、
ちょっと日が差すところにはフユイチゴがたくさんありました。

今回のメインは、エナガの群れに混じったキクイタダキです。
いい和名でしょ。ちっちゃくて可愛いです。なんせ日本最小の鳥ですから。
この辺では冬の鳥です。私は初見でしたのでうれしいうれしい。

 残雪には、ノウサギの足跡。タヌキ?もあり、ちょっとしたアニマルトラッキング気分でした。
あ~楽しかった。

【2006/01/03 10:08】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

謹賀新年
せんめい
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

それにしても色々なこと良くご存知ですね。
私も刺激されて勉強しないといけないなと、ぼちぼちやってますが,,,。

鳥にしてもほぼ瞬時に特長つかまないといけないのですよね。感心してます。

散歩いいですね。
kaorin
こんにちは。
初見でしたか。楽しそうですね。
のほほん父さんは、本当に自然観察や鳥見が好きなのですね。今度是非その魅力とやらを聞いてみたいものです。


せんめいさん
のほほん父さん
瞬時に特長がつかめたらいいのに(笑)。
声だけとか、チラリと飛び姿が見えただけとか、何より環境だけであたりをつけるとか
そういう達人だと素敵でしょうね。
かくいうワタクシは、図鑑を持って悪戦苦闘、右往左往。
じっくり見ても判別がつかなかったり、間違えて報告したり・・・。まだまだ素人っす。
だから楽しいのかもね。

kaorinさん
のほほん父さん
例えば、今まで「鳥の一種」としか認識しなかったものが
「キクイタダキ」で低地や南に降りてきて、カラ類と一緒に冬をすごしているんだなとか
道に落ちているゴミみたいなものは、オトシブミが巻いた葉っぱで中に卵があるんだな・・・とか
いままで自分にとって意味のなかった無価値なものが、意味のある面白いものに変化していく楽しみってのはあります。

 何より「お父さんこれなあに?」と聞かれた時に
「鳥」とか「雑草」とかしか答えられないと、ちょっと切ない気もしますし。

色があるっていいですね。
mahsa
こちらは外はモノクロームの世界です。早くいろんな色で華やぐ春が待ちどおしいです。本格的な雪や寒さはこれからなのに^^;
わたしはとりは苦手ですが、とうさんの描くとりさんてホントに可愛いですね。見守る温かい目が感じられます。



かぼちゃ
おはよう~♪
元旦からお散歩・・・のんびりでしたね^^。
キクイタダキ、見たいです^^、頭頂の黄色いところ、カッコいいでしょうね。
新年早々、初見なんて、羨ましい~~
運を分けてもらおうかな・・(∂-∂*)(。。*)ウンウン

mahsaさん
のほほん父さん
・・・確かに雪が降ってたりして、ちょっと荒れると外には出られない(出たくない)ですね。
その分、春を迎える喜びが倍増でしょうか。北海道の住人じゃないのでわかりませんが。


かぼちゃさん
のほほん父さん
何をおっしゃいます。私の地域では、逆さにふったって見れない種類の
写真をのっけている貴方様がウラヤマシイです。ハイ。

(といっても本州の鳥は見えないって?ごもっとも。)
この種は北海道でも見えますね。ヨカッタヨカッタ。


初見!(^^)!
nao
キクイタダキって素敵な名前ですね~^^色合いも風情があってカワイイv-238

Yahoo履歴から来ましたって
せんめい
もとがYahooだったのですね。
気が付きませんで。

コメントを閉じる▲
何のひねりもございませんが

皆様、明けましておめでとうございます

このブログは、間違いだらけの鳥見と拙い水彩で
細く長く、まったり、のほほんと更新していくつもりですので
本年もよろしくお願いします。

【2006/01/03 05:34】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

おめでとう~♪
かぼちゃ
あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞ(∂-∂*)ヨロシク
心和む、優しい絵を楽しみにしています(^_-)-☆



かぼちゃさん
のほほん父さん
こちらこそよろしく。
正月はいかがお過ごしでしたか?
北海道ならではの写真を楽しみにしております


おぴ~
おめでとうございます~
今年も素敵なイラストを期待しております(^_^)

おぴーさん
のほほん父さん
おめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。
おぴーさん、いつも元気そうで何よりですね。

おめでとぅぅぅ(*^。^*)
nao
tousan明けましておめでとうございます♪今年もいろんな鳥の絵楽しみにしていまぁすv-254

naoさん
のほほん父さん
こちらこそ、naoさんの油絵を心待ちにしております。
でも時々水彩で遊んでね

あけましておめでとうございます!
pinkthinkings
遅ればせながら、失礼します^^;
nohoさんの水彩画いい刺激に
なりますんで本当に楽しみです!
今年もよろしくです^^

こちらこそ
のほほん父さん
たくさん描かねば上達しないんだなあと、貴ブログをみてはため息しきり。
あ、遅ればせながら入選おめでとうございます

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。