鳥見と水彩・野鳥イラストの初心者ブログ <再度公開>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



久しぶりに鳥見に。タカの渡りを見に行ったのですが
スタートが遅かったせいなのか、到着が10時半となってしまい
もう何にも見えませんでした。天気良かったし。
上昇気流を捉えて、とっとと飛んでったのかもしれません。

唯一飛んでいたのはトビくらい。
眼下には瀬戸内の島々や、
カキの筏など見えて気分は良かったのですが・・・

帰りの山道ではコサメビタキを久しぶりに見ました。
地味な鳥ですが、クリクリした目が可愛いですな。
スポンサーサイト

【2005/09/24 11:59】 | フィールドノート
トラックバック(1) |

当ブログへのご訪問感謝致します
ルパン4世
ルパン4世と申します。
当ブログへのアクセス、誠に有難う御座いました。
このブログの挿絵はのほほん父さんの作画ですか?
素晴らしいです☆野鳥への愛が感じられます。
私もペット(ダックスフンドのさくら♀)を飼ってまして。
これからもご贔屓に願います。


うずら
カキの筏がある瀬戸内というと広島のほうしか頭に浮かんでこないのですが、アクセスを考えると岡山のどこかになるのかなと思って絵を見ていました。
トビ、、、だなという吹き出しに思わず笑ってしまいましたが、鷹柱の絵が描けるとよかったですよね。

ルパン4世さん
のほほん父さん
初コメありがとうございます。お褒めいただき恐縮です。
升目が入っているものは実際のフィールドノートからの取り込みです。
識別点やら何やら描くつもりが、いつの間にか絵日記帳になってます(笑)。今後ともよろしくお願いします。

うずらさん
のほほん父さん
こんにちは。描きたかったな~・・・鷹柱。
山道をえっちらおっちら登ったんですけどね。残念ながらはずしました。
最近ことごとく外し気味なので、子供達もぶーたれております。
探鳥会にでも参加しようかしらん。


山田t
いろいろ行動して良い絵を描きますね。ところで画像が大きくなると表示が崩れるようで、ようやく分かりました。FC2にはそういうテンプレートが多いようです。

山田さん
のほほん父さん
相手は翼を持ってるし、季節で動くので外へ行かざるを得ないのです。画像はIEが自動的に大きさをあわせちゃうみたいです。その際むりやり縮小するので、ちと粗く見えるようです。


かぼちゃ
おはよう~♪
温かな父子の会話、o(^^)o イイナ~
トビ・・だな、そのトビも上手く撮れてませ~~ん(^^;)
コサメビタキの目が可愛い~白いアイリングがポイントかな?
本日の収穫・・・私もよく言いますね、収穫なしとか、ヒットとか・・・
それもまた楽し・・d(o^^o)ふふっ♪


kamomeno
お久しぶりです(^。^) コメントの書き込み方が分からなくてオロオロしてました(笑) うう、知識が乏しいのでタカのはっきりとした姿が浮かびません。ハヤブサに似ているんですよね。勉強してきます(ーー;) ※最近家の近所にある川にカワセミが来るようになりました!

かぼちゃさん
のほほん父さん
私一人なら、収穫なしでいいんだけど
うちは家族鳥見を行動の基本としていますので
何かしら出会えるポイントを選ばざるを得ないのです。
ところが最近、鳥見ポイントを外してばっかりで・・・(苦笑)。


kamomenoさん
のほほん父さん
おっ。水彩の友よ復活おめでとう!!うれしいよ。
タカはね、難しいんです。私もすぐわからないんです。
ワシタカ専用の識別ハンドブックがあるくらいでして(汗)
猛禽は貴重ですから、見たいなあ。また来年かな。

コメントを閉じる▲


 某月刊誌がうれしいモズ特集です。
練習にその中の写真を模写しました。
可愛いけど、嘴の曲がり具合が猛禽ですね。
秋に高鳴きで楽しませてくれます。向こうは真剣なんでしょうが。

【2005/09/19 16:40】 | 水彩画
トラックバック(0) |

わ~
banatoma
ぽよぽよしててカワイイですね!!
このかわいい鳥があんなことするとは。。。
昔、アマガエルが何かの枝に刺さっているのを見ましたが
やっぱりアレは・・・

追伸:稲刈り、お疲れ様でした!!


刺しまっせー
のほほん父さん
アマガエルは言うにおよばず、モグラやスズメまで捕らえて刺すそうですよ。嘴は肉が食いちぎれるように太くとがってます。頭が大きいのも、食いちぎるための首の筋肉の発達ではないかと個人的に思ってます。ヒヨドリだかツグミだかの首を食いちぎったという話も聞いたことがあります。モズ鷹とも呼ばれる猛禽なんです。でも可愛いでしょモズ君は。好きな小鳥のひとつですわな。

カワイイ^^
nao
tousanらしい優しい色使いがとても心地良い気持ちにさせてくれる絵ですねv-238

秋っぽく
のほほん父さん
naoさん、ありがとうv-291。そう褒められると、元写真より明るめに描いてよかったなあと思います。ちょっとだけ秋っぽくしたかったんです。


うずら
お腹ポンポンのモズッち、小型猛禽とはいえ、やはりかわいいですね。
絵のテクスチャのせいなのでしょうか?背景の水色が爽やかな感じでとても好きな絵です。

また質問
白月
もう秋ですね~。ところで話は違って、ブログはやはり作ってみないとわからないと思って、FC2に仮登録したのですが、メールが届きません。FC2ブログ問い合わせフォームも送りましたが連絡なし。2つのアドレスを使って何回も登録したので、スペルミスという事もないと思います。どうなってるの?どなたか、同じような体験ありです?


山田t
白月さん
FC2にメールを送ったが返事がないという事ですがメールが有料のでないと返事がないのですが、それでしょうか。


うずらさん
のほほん父さん
お腹ぽんぽんって、言われてみりゃあそうだなあ。背景の水色って単独で薄く使うには好きな色なんです。ありがとう。(混ぜるとろくなことがないですけどね)

白月さん、山田さん
のほほん父さん
規約やQ&Aを見る限り、フリーメールアドレスに対する制限ってなさそうですねえ・・・。でもここは山田さんの言われるように、一度自分のプロバイダのメルアドで試してみて、それでダメならFC2に問い合わせてはいかがでしょう。かくいう私はマジメアドレスで登録して失敗し、もう一度入力して成功しましたが。

登録できました
白月
私のメールは自動的に ジャンクメールはそれ用のメールボックスに行ってしまうんです。仮登録の通知がそこに入っていました。ぜんぜん考えつかなかったので、お騒がせしました。というわけで、無事新ブログができました。お世話になりました。

コメントを閉じる▲



「SING」(和田剛一さんの写真集)よりアマサギです。
美しい写真を模写しても、写真に負けることがわかりました。

きれいな婚姻色でした。

これで引越し終了です。あー疲れた。
あわただしい引越しで次々に更新して、ご迷惑をおかけしました

これからは週1回ペースになると思いますので、どうかゆっくり見ていってください。

【2005/09/15 23:42】 | 水彩画
トラックバック(0) |


nao
わぁ~っ!美しいぃぃぃ!!色使いがステキ♪アマサギに気品が漂っていますね~v-238

引越し終了ですか
山田t
引越し終了ですか。お目出とう。 いい絵ですね、足元にも及びません。

お疲れ様でした!!
banatoma
私の引越しはまだ終わりません・・・(笑)
これからの新しい記事も楽しみにしています!!

アマサギの婚姻色ってこんなにキレイなんですか!!
こちらにうかがうようになってから鳥を注意深く見るようになりました(^^)


白月
引っ越し終了おめでとうございます。こちらは容量が1GBなんですね。エキサイトは30MBです。何だか損した感じ。ブログがどれだけ続くかにもよるけれど。

なおさん
のほほん父さん
ありがとうございます。こちらでもよろしくお願いしますね

山田さん
のほほん父さん
御紹介いただいたところに落ち着きましたので、山田さんに感謝です。ようやっと終了しました~。

ばなとまさん
のほほん父さん
アマサギでここまで鮮やかなのは、生では見てないですね~。
元写真はもっとキレイなのです。さすがプロですわ。

白月さん
のほほん父さん
うん、容量という点もこのブログの選択の理由ではありますが、半年分をアップして8MBくらいですから、1GBというのは100年以上かかりますなあ。無駄に広い気もしますねえ。


via_aj
 引越終了ですね。おめでとうございます。
 もう「鳥」といったら「のほほん父さん」で決まりですね。(^_^)

 これからも楽しみにしていますよ。


鳥といったら
のほほん父さん
ありがとうございます。鳥でも絵でも素敵な人々がたくさんいますので、お手すきの時にリンク先にでもいってみてください。楽しいですよ。

コメントを閉じる▲


近所の川にて雑魚釣りしてました。
サシ(蛆虫)を使えば面白いほど釣れます。
煮干サイズのハヤが大部分ですが、ブルーギルもかなり釣れます。
関係ないけどこのスケッチを描いている時は
頭の中に「スタンド・バイ・ミー」が流れていました。

だありんだありん、すたん、ばい・み~♪

【2005/09/15 23:22】 | 水彩画
トラックバック(0) |


かぼちゃ
こんにちは~♪
波も穏かで、のんびりとした時間が流れているように、
感じますね。
ほのぼのとした、いい雰囲気です。子供たちの笑顔が見えるよう・・・
子供たちの遊ぶ姿を眺めるのって、私も大好きです^^。



かぼちゃさん
のほほん父さん
ありがとうございます。
のんびりした午後でした。
私は木陰に座って遠くのカワウを見てました。

画を描ける人がうらやましい
せんめい
はじめまして。
私はちゃんと画がかけないもので、ほんとうにうらやましいです。
たまには画をアップしたいこともあるのですが、無残な結果になって没になります。写真よりも画のほうがイマジネーションが広がると思います。いつも自分の写真を見て、画にはかなわないなと思ってます。
また寄せてもらいますのでよろしく。


せんめいさん
のほほん父さん
コメントありがとうございます。誰にも見せずに描いてみてはいかがでしょうか。私はフィールドノートの落書きから入ったんです。もともとは鳥の同定のためだったんです。当然見せられない・見るに耐えないスケッチもあります。あー恥ずかしい。
 写真と絵は媒体が違うので、なんともいえません。写真で、到底描けない光や一瞬を表現されると、かなわないなあと思うことも多々あります。

コメントを閉じる▲


某月某日

昨日まで、とある山の中にこもっておりました。

子供たちは火をおこし、父ちゃんはそれをサカナにビール。

ただし鳥見に関しては、山中だけに緑が深く、声はすれども姿は見えず・・・。

ブラブラとダム湖周辺を散策してようやく少し見えました。

ゆったりと滑空するのはコシアカツバメ。続いてダムにとまるのはキセキレイ。

よく見れば向こうの方にはイワツバメがたむろしています。

コロニーがあるのでしょうね。何羽も同じ場所を出たり入ったりです。
ツバメより一回り小さく、腰が白いんです。
尾羽もちょっと短いところがかわいらしい。

隣では次男がノコギリクワガタを見つけてご満悦でした。

【2005/09/15 22:45】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


各ブログに贈った暑中見舞い足跡です

某ペンギン映画より。
涼しげな絵をと思ったのに、お熱いところを描いてしまいました
この後、パートナーのクチバシを甘噛みしてました。
なんとなく照れてしまった。

【2005/09/15 21:22】 | 水彩画
トラックバック(0) |


うずら
目があるかないかの微妙な濃淡で描かれているのが、ぐっときます。
甘えてるかのような首の曲げかたがたまりませんね。
そういえば、この映画DVD出たら見てみようと思ってました。


のほほん父さん
この映画、絵になる風景はたくさんありました。
美しかったのです。
妙な家族愛仕立てのナレーションがなければもっとよかった。


皇帝ペンギン
おぴ~
ameruさんの描いた雛ペンギンも見てみたかったですね。
あの鳴き声がもうたまりません(*^o^*)

皇帝ペンギンの映画は字幕版の方が良いですね。

おぴーさん
のほほん父さん
ヒナとどっちにしようかと迷ったんですよ。
ヒナはポスターにもなってるし、ここはカップルでいこうかと

のーぅ、ラブラブ……!
あおりすずみ
鳥類の愛情表現ってホントにこう、あったかくてまろくて熱烈で、でも可愛らしくてなんとも言えません。特にペンギンはヨチヨチとした歩き方とずんぐりした鳥らしからぬフォルムもあって、妙に人間臭く見えるときがあります(笑)
 嗚呼このおバカップルさんめv

あおりすずみさん
のほほん父さん
明快な愛情表現が出始めるのは、鳥類からでしょうかね。
関係ないけど、水中を泳ぐ様は素晴らしく美しかった。
ああ、水中生活にホントに適応してるのねと思わせました

コメントを閉じる▲


 何気に高台から、景色を見ていると出くわしました。
普通のツバメより一回り大きく、赤茶色っぽい腰が特徴です。
たぶん近くに巣があるんでしょうね。
のほほんと見ていると何度も現れます。

大きな体のせいか、飛び方がゆったり、ひらりひらりです。

得した気分でした

【2005/09/15 21:19】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


トマトとピーマン、ついでにレモンです。
これもなかさんちの企画での一枚。

自分で言うのも何なのですが、ネギとは雰囲気ちがいますね。

考えてみりゃ、今回はケナフで粗めの紙。
ネギはもう少し目の細かいスケッチブックです。

【2005/09/15 01:28】 | 水彩画
トラックバック(0) |


あいかわらず駐車場に巣をつくっており
数はさらに増えて10程度。ということは2-30羽の群れでしょうか。

ホントに暑いのに、よくも直射日光のもと耐えられるものです。

今回は、アジサシ側から描いてみました。
こちらに悪気はありませんが、迷惑だろうなあと思います。
営巣はあまり観察しないほうがいいかな?

【2005/09/15 01:21】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


うずら
コアジサシ側からの視点というのがとてもおもしろいです(^・^)
関西でも例の花火大会の将棋倒し事故と幼児の陥没事故があった所が営巣地になっているのですが、そこにヤンキーの連中が花火をバンバン飛ばしてひどいことになっていたそうです(-_-メ)
ここのコアジサシはうまい具合に巣立ってくれてたらいいのですが。


のほほん父さん
うずらさん。コメントありがとう。
視点の自由な事は、お絵かきのメリットですね。

ところで、コアジサシは
長雨で水に使ったりして心配されていたのですが、
いくらかは巣立ったようです。

コメントを閉じる▲


ブログ仲間のなかさんちの企画に乗っかって描いたネギです。
どこまでネギに迫れるか、薄い色を何度も塗ってがんばりました。

【2005/09/14 22:21】 | 水彩画
トラックバック(0) |


のほほん父さん
サムネイルの端っこが切れちゃってるだよ。(シクシク)


白月
広告に使えそうな絵ですね。リンクができました。

白月さん
のほほん父さん
JAの広告に・・・なんてね。ところでリンクしていただきありがとうございます。

コメントを閉じる▲


今年の6月の記事です
この場所はシギ・チドリやカモ・・・
そして夏にはコアジサシの来る楽園だった様ですが

久しぶりに行ってみたら、「ありゃー!!」でした。
土手が築かれて入れません。多分水のあった場所も埋められたでしょう。あーあ。

この場所は人工島で、もともと自然をどうこう言える場所ではなく
遅かれ早かれこうなる運命だったのですが

もうシギチも来ないだろうなあ、コアジサシの営巣も無理だなあ・・・
と思いつつ帰りかけたところで、空を飛ぶコアジサシ発見。
「わーい」と見ていると、なんと砂利敷きの広大な駐車上へ着陸しました。

数羽、歩いたりうずくまっています・・・営巣中????
おいおい、それはちょっと無理だよ・・・といってもしょうがないし。
うーむ。

【2005/09/14 22:15】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


僕を見つめるハクトウワシには
過去も未来も存在せず
まさに、この一瞬、一瞬を生きている。

~ 星野道夫「アラスカ 永遠なる生命」より ~

週末の天気が悪かった梅雨時に
憂さ晴らしに買った星野道夫さんの本からの抜粋です。

写真にも刺激されて、お手本にして描いてみました。
いい本でした。

固形水彩、鉛筆
ケナフ
SM

【2005/09/13 18:20】 | 水彩画
トラックバック(0) |

訪問履歴をたどってきました。
Gouta
訪問ありがとうございます。
淡彩いいですね。私ももっと水彩っぽさをイメージしてやってみようと再確認です。
最近パソコンで色を塗っていて厚くしすぎる傾向があるので・・・



のほほん父さん
イラスト関係のブログを探していて、拝見させていただきました。
デッサンは手描き、彩色PCですか?
水彩もツボにはまれば素敵なんでしょうが、なかなか・・・ハア。

初めまして
メコ
こんばんは、あおりすずみさんとこから飛んでまいりましたメコと申します。素晴らしい水彩画の数々を拝見してて、ため息が出るばかりです。下のコアジサシの親子も微笑ましくて大好きですが、この雄々しく気高いハクトウワシに感動しました。
これからちょくちょくお邪魔させていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

はじめまして
のほほん父さん
メコさん、コメントありがとうございます。YAHOOから引越して、また新たな気分で進めていきたいと思います。YAHOO時代の友人に加えてこちらでも、少しずつブログ友達が増えて楽しいです。ブログはこうでなくっちゃね!

ほう~ぅ
kaorin
こんにちは
のほほん父さんの描いたハクトウワシの目に引き込まれます。一瞬、時が止まったようになりました。できれば、その鋭いくちばしでくわえて、どこか遠くまで運んでもらい、私の知らない貴方の知ってる世界を旅させてほしい…そんな気持ちになりました。絵の世界はいいです!ね。

kaorinさん
のほほん父さん
早速、みてくださってありがとうございます。
ほめてもらえると、単純にうれしいです。励みになります。

猛禽はやはり「目」でしょうね。
もとの写真も相当良かったです。

コメントを閉じる▲


6月にもりははさんとこの、
ゆーさん誕生日企画にのっかって描いたものです。

ちょうどこのころ
コアジサシを見てきましたら、
10羽ほどこのくそ暑い駐車場にうずくまっていました。
たいしたもんです。

ヒナがいるとの情報でしたが、みることはできませんでした
石そっくりなんで見つけられなかったかな?

【2005/09/13 18:10】 | 水彩画
トラックバック(0) |

ヒナが可愛い!
あおりすずみ
コアジサシは、スタンダードな鳥のフォルムとすっきりした色合いで、見ていて落ち着きます。しかし何よりヒナが可愛い……!パタパタの小さな羽根が……!
 石そっくりな色なのですねー、ヒナは。大人になったらあんなスベスベの白になるのだから面白いですね。


かぼちゃ
こんにちは~♪
可愛いですね^^。
親子の給餌シーンって、心和みますね。
優しいタッチ、色づかい、癒されますね~・・・
o(^^)o イイナ~・・ここにお邪魔するといつもホンワカします。

あおりすずみさん
のほほん父さん
コアジサシの飛ぶ姿はかっこいいですよね。チャンスがあればまた描いて見たいと思います。
 これを描くにあたって、コアジサシのヒナの写真を探しましたが、ホントに石そっくりでした。でも可愛いですよ。


かぼちゃさん
のほほん父さん
ありがとうございます。和みますね。実はこれ想像図なんです。まだ生でヒナ見たことないもんで(苦笑)。彼らの子育ては、今シーズンは終わったので、来シーズンがんばって見ます。

コメントを閉じる▲



今回はアオバズクです。
黒い顔に巨大な黄色い目が特徴のこの鳥は、
夜行性なので昼間はオネムのようでした

寝ているところを邪魔されたせいか、
1羽は怒っているように見えました。

営巣中だしなあ。
猛禽の巣にはあまり近づかないのが基本なのでしょうが
つい接近したくなるのが性ですね。

邪魔して悪かったね。すまん。

【2005/09/13 18:06】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

野性の猛禽を
banatoma
見れたなんて!羨ましいです!!
ご家族がスタコラその場を後にするイラストがかわいくて
笑ってしまいました(^^)
・・・最近近くのペットショップにミミズクが・・・
あまりの高さに手が出ませんが、たまに会いに出かけます(笑)


のほほん父さん
猛禽飼うのって大変でしょうね。森の者は森で見た方が美しいす。

コメントを閉じる▲


5月の頭に
デイキャンプというか、遊びにいったついでの昼食に、キャンプ場に行ってピザを焼いてたのですが

新緑の山道を少し歩くと、こいつが落ちていました。オトシブミの「ゆりかご」ですね。中に卵が入っています。
孵化した幼虫はやわらかい青葉を食べて育つそうで、
よくもまあ、たったこれだけで足りるものだと感心。

生物の和名では時々、とても美しい名前に出会いますが、この虫の名前もそうですね。

【2005/09/13 18:04】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


 某月刊誌の伊豆沼写真をベースに変更。
黄色と朱色とセピアの3色で・・・
画面が寂しかったので、遠景追加。

画風を変えてと思ったのですが、あんまり変わらなかった。

ここ、見に行きたいなあ。

【2005/09/12 22:57】 | 水彩画
トラックバック(0) |

空の時間帯
あおりすずみ
 鳥とともに空も愛するワタクシ……
 一日の時間の流れの中で一番微妙な変化を見せる、日の出と日の入りの時間帯の空の色は、とても色彩では表現の追いつかない部分もあるくらい神秘的で美しいですね。
 茜色の空が気温も感じさせてくれて美しいです


山田f
良い絵をいつも見せていただきます。
いよいよ此方が本格的ですか、画像も大きくなって良いですね。


うずら
壁紙にして見ていると、とっても気持ちいいです。
朝の太陽の少し上のほうにある黒っぽい雲がだんだん消えていくのでしょうね。
ここ、ほんとに行ってみたいです。

あおりすずみさん
のほほん父さん
日の出と日の入りは光がすごくて、いくら描いても描ききれないでしょうね。なんか気に入らなくて、これも2枚くらい描き潰しました

山田さんへ
のほほん父さん
おかげさまで、引越しもだいぶすすんだし、ここをメインとしたいと思います。

うずらさん
のほほん父さん
いいよねー。伊豆沼いきたいなあ。
鳥見っていきたいところが、日本全国になってしまううえに
近くの名所旧跡までいくと、時間がいくらあっても足りないでしょうね。

惚れて見ています
BARISTA悠
落日の伊豆沼でしょうかねぇ*^。^*
生存の証みたいで好きな風景画ですよ........☆

BARISTA悠さん
のほほん父さん
はじめまして。このような昔の絵にレスをつけていただいてうれしいです。
実はこの絵は自分で壁紙にしています(笑)。
精緻な風景画とは遠い位置にある絵ですが
色と光が表現したくて描きたくて描いた絵です
お気に召しましたら、とてもうれしいですね。

コメントを閉じる▲


ある日電話で息子が
「おじいちゃん、僕、田植えをしてみたいんだ」
「よしよし」

 というわけで、先週の休みに久しぶりに実家に帰ると
田んぼの一部をあけて待っていました。

今度は稲刈りですね

【2005/09/12 22:42】 | 水彩画
トラックバック(0) |


おぴーさんちのコザクラインコです。
写真のインコの色彩に惚れて描いた1枚です。
うーん懐かしい。おぴーさんちはここ。
http://blogs.yahoo.co.jp/toumoto

【2005/09/12 22:38】 | 水彩画
トラックバック(0) |

ボタンかコザクラか
あおりすずみ
お邪魔してます。
もうそんなにツボをぐいぐい突付かないでくださいよ(笑)あぁタマラナイ……(*´Д`)~3
 小鳥を飼いたいなぁと以前思ったことがあって、オカメインコかコザクラかボタンがいいな~と夢想していました。家内飼育鳥の色彩の美しさはホントどの種類も素晴らしいですよね。それぞれに愛嬌もあって。
 嗚呼、デスクトップの背景にしたいくらいラブです


のほほん父さん
平素、国内の野鳥を見ている身にとっては、インコの色は衝撃的でした。かなり個体差もあるようですしびっくりしたんです。おぴーさんところの写真で翼がとても印象的だったんで、描かせていただきました。

飾ってますよ~
おぴ~
この絵は部屋に飾らせて頂いております(*^o^*)。
あらためて、ありがとうございました~

v-123おぴ~@コザクラインコ
http://blogs.yahoo.co.jp/toumoto


おぴーさん
のほほん父さん
うひゃー、まだ飾ってありますか。どうも、恐縮です。(汗)
写真を見るたびに、本物には勝てんと思ってしまいます。
おぴーさん元気そうで何より。

コメントを閉じる▲



下絵はいい出来だったのですが、
塗るほどにイメージからずれていっちゃいました。

ああ、もっとすっきり清潔に塗りたいな。

   鉛筆、固形透明水彩
   ケナフ
   SM

【2005/09/12 00:08】 | 水彩画
トラックバック(0) |

ミミズクやフクロウ系の
banatoma
鳥を見ると、猫に似ている・・・と思ってしまうのは
私だけでしょうか(笑)
足とかかわいいですよね!モコモコしてて。



papageno620
こんにちは。
開設おめでとうございます。
とりあえず、ご挨拶まで。


白月
このブログ知ってました?http://redshank.exblog.jp/ たまたま行き当たったので、お知らせします。水彩画を始めたので、その関係のブログを探していますが、あまり見あたりません。何か見かけたら、教えてください。リンクはエキサイトのだとかんたんにできるのですが、それ以外は面倒です。でも、やっと探して、こちらの URL を入れたら、認識していないのだとかで、こんどはHTMLを使わないとだめみたい。というわけで、少しお待ちください。


山田
ここ土日さすがに重くなり管理者ページが出なくなったり画像がおかしくアップされなるどがありました。YahooBLOGは凄く重く画像がアップされませんでした。ほとんど選挙のためも有ったのでしょうか、今日は正常のようです。そちらはいかがでしたか。

嗚呼……!ミミズク!
あおりすずみ
ああッ ミミズク大好きなのです!(そしてフクロウも)
くりっとした首も鋭い目線もふかふかの羽根も……
ミミズクやフクロウなどの猛禽類はこの角度が独特でカッコイイですよね。
目の保養になりました(*^^*)

ばなとまさん
のほほん父さん
似てるかなあ・・・そういやあこの絵は似てますねえ。鳥が好きなのは実は私が猫派のせいだろうか。鶏食べるのもすきだけど。

papaさん
のほほん父さん
ありがとうございます。papagenoさんには、もう見た絵ばっかりが続きますが、しばらくお待ちください。

白月さん
のほほん父さん
見た!見てきました。教えてくれてありがとう。上手いと思ったらプロですがな。そういえば判別の難しいシギチとかカモメの絵を描いてる人ですわ。コメント入れてみようかな。水彩ブログは少しずつリンクしますんで参考にしてくださいね

山田さん
のほほん父さん
土曜はほとんどいなかったけど、日曜も快適でしたよ。
選挙の影響はあったでしょうねえ。多分。

あおりすずみさん
のほほん父さん
どうもです。コミミズクはフクロウ族のなかでも、とりわけハンサムですね。大好きなんですが生でまだ見てない。見たいなあ。

コメントを閉じる▲



得たいのしれない原生林と
それを遮断するような鳥居を描きたかったのですが

得体の知れなさに飲み込まれてしまったような気がします
反省すべき点は多くありますが、ま、いっか。

【2005/09/11 23:51】 | 水彩画
トラックバック(0) |

とうさん、ここですか!
三毛
軽いぞ!これならストレス無く投稿できそうっすね!またヒマを見てお邪魔します。


のほほん父さん
画伯!お待ちしておりました。
YAHOOと違って軽いよー。引越しは大変だけど。


pritomo
とうさん見つけました!!fc2っていろいろな機能がついていて良いですよね。私も最近開設しました。引っ越そうかなぁ


白月
宮島の近くにお住みですか?私は呉で育ったので、親戚とかが来ると、両親が宮島に連れて行くので、何回か行きました。もうほとんど覚えていませんが。絵はにじんだ所が、なかなか良いです。もちろんリンク、お願いします。私もこちらにリンクできるか試してみます。


のほほん父さん
おや、pritomoさんもお引越し?FC2の見てきましたよ。
YAHOOに愛着はあるんですけど、
こう重くてはお客さんにも失礼かなあと思って、引っ越しました。



のほほん父さん
白月さん、私は岡山人です。広島シリーズはGWに家族旅行に行ったときの記事ですわ。リンク許可ありがとう。ていうか、もうしちゃった。


白月
岡山ですか。母はもう亡くなりましたが、両親とも岡山の農家出身です。これも何かのご縁。子供の頃は学校の休みに、祖父母の家に遊びに行っていました。倉敷の近くです。

白月さん
のほほん父さん
岡山の農家出身じゃけえ。岡山弁はネイティブすぴいかーじゃ。

コメントを閉じる▲


原爆ドームを見たあとは、宮島へ。
初めてフェリーに乗って子供達はご機嫌。到着後は鹿をみて、
なおいっそうご機嫌に・・・。

というわけで、フィールドノートは宮島の野良鹿です。
おまけでカキ丼もかいてます。季節外れは承知しつつもつい注文してしまいました。
大ぶりのカキが卵とじにされてます。うまかった~。

野鳥はミサゴ、ホオジロくらいで森へ入る暇がなかったのが残念。

【2005/09/11 23:07】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


ヒヒです。
動物園に行ったときのノートから。
このとき素晴らしいフクロウの羽を拾いましたが
種類がわかりませんでした。

【2005/09/11 22:45】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

すごい勢いですね
via_aj
 すごい勢いでページが増えていますね。楽しみにさせていただいています。

 リンク先もいろいろ変化に富んでいて楽しいですね。


引越ししてますんでねえ
のほほん父さん
コメントありがとうございます。もう少しかかりそうです。
なんせ手動なもので・・・。
各記事のコメントもつれてこれませんでしたし。

お手すきの時にでもゆっくりと見て、コメントくださるとうれしいです。

コメントを閉じる▲


 ヤマセミ生息地に行ったのですが、空振りに終わりました
オオルリやキビタキも空振り。まあ自然相手ですから致し方なし。

同じ仲間のカワセミよりはるかに大きいヤマセミ君ですが
個体数が少ないのと、鹿の子模様で背景に溶け込む技で
なかなか見つけさせてくれません。

見たいなあ・・・と憧れをこめて水彩にしてみました。

【2005/09/11 16:33】 | 水彩画
トラックバック(0) |


nao
ホワホワしててカワイイo(*^▽^*)oあはっ♪こういう優しい色、タッチの絵を観るとホッとしますね~v-238


のほほん父さん
ありがとうございます。
旧作のアップにつきあってくれて申し訳ないですね。
YAHOOに追いついたら新作だすけんね。

初めまして
あおりすずみ
 鳥さん大好きな水彩愛好者です。いつも楽しく拝見させていただいています。いつかコメントしたいなぁとうずうずしていたのですが、ヤマセミがあんまり好みだったので思い切って(笑)
 最近はあまりアナログの画像をネットにUPすることがなくなった私ですが、やっぱり水彩はイイですね~v 久々にアナログで描いてみたくなりました。
 ヤマセミのこの瞳があまりに愛らしくてキュンとしました(^^)

こちらこそ
のほほん父さん
はじめまして。写真取れないんで絵にしてます。ははは。
ところでそちらのブログに伺いました。扉絵がとても素敵です。アナログの絵、ぜひお願いします。

コメントを閉じる▲


ノートにはオオチドリ冬羽?と書いてありますが。
悩みに悩んだ挙句、自分の中ではオオメダイチドリ冬羽と決めました。
シギチは難しい・・・。

【2005/09/11 16:28】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


記事は3月くらいだったかな?

ナポレオンハットのような襟足と、オシリのカールが可愛いですね。
食事中、頭は水の中で、オシリだけモゴモゴ動いているのが見えます。オシリだけでもカールが特徴的です。
天気がよかったのでメタリックグリーンな目の周りがまぶしかったです。

【2005/09/11 16:21】 | フィールドノート
トラックバック(0) |


初めて人物画に挑戦しました。
というかまじめに前から描いたんですが、お寺の小僧さんになっちゃった。

えと、彼は何をしているかというと化石採集ですな
石を割ると飛び散るのでゴーグルしている・・・って説明せんとわからんなあ。
スミマセン

このときは三畳紀の地層で1億8000万年前の二枚貝がとれました。

【2005/09/11 09:16】 | 水彩画
トラックバック(0) |



広島の動物園に行ったときのシマウマくんです。

シマウマのシマは若いほどクッキリしていると、
以前ブログで教えてもらいました。
してみるとこいつは年寄りだったのですね。
背景は思案の挙句、鉛筆のみ無着色で

こうして描くとシマウマってかっこいいなとしみじみ。

【2005/09/11 09:09】 | 水彩画
トラックバック(0) |


履歴から参りました。
訪問ありがとうございます。

絵を拝見しましてこれが1番好きです。
優しいタッチの絵を描かれるんですね。
1日で書かれたりするんですかね~?

素敵な絵を見させて頂きありがとうございました。

私の方は主婦の日常を書いたブログですが遊びに来てください。


のほほん父さん
コメントありがとうございます。
おおむね1日ですねえ。もしくは下絵1日彩色1日。
どちらかというと、その気になるまでが時間がかかります。
今後ともよろしくお願いします

コメントを閉じる▲


河口にいったら、時刻を誤ってすでに潮が満ちており、鳥は一羽も見えず。
ブーたれてた息子が見つけたのがこれ。下あごはすでになく相当古いみたい。
イノシシでしょうね。これ。よっぽど持って帰ろうかと思いましたが邪魔なので・・・。

頭蓋骨といえば「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」思い出しますね。

【2005/09/10 20:05】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

ここははどうですか
山田
ここはどうですかここも最高に軽いとは言えないようですが、YahooBLOGに比べたらいい方のようです。画像の入れ方や数も、まあまあHTMLが使えていろいろでき悪くないでしょうか。v-15


のほほん父さん
山田さん。あっちに比べりゃレスポンスははるかにいいですね。なによりエラーがでない(笑)。教えてもらったサイトを参考に、gooも試してみたものの、画像の入り方がイマイチだったのでこちらにしました。ありがとうございました。


うずら
野鳥のお昼寝、ご訪問ありがとうございました。
京都に大原というところがあるのですが、ちょっと山奥に入ったら小川で鹿の頭蓋骨~上半身の骨を見つけたことがあります。
ほぼきれいに白骨化していましたが、僕もなぜだか「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思いだしました。
それにしてもささっと書いていながら、解剖学的構造をきっちり押さえておられますね。(←ちょっとだけかじったことがあるのでそこそこわかります(^_^.)

調べたんです
のほほん父さん
うずらさん、解剖学ですか、すごいですねえ。
これを見つけたとき、子どもと一緒にこの骨は何の骨だ?と調べたんです。だから割合正確にかいてあります。
WEB上にデータあって同定できました。便利な世の中ですね。

コメントを閉じる▲


興味ない人はなんのことやらわからないタイトルかもしれません。たしか漢字では「山家五位」・・・って余計わかりませんねえ(笑)。葦原の中で、借金取りから逃れるように、ひっそりと息を殺して生活しておられます。おかげで見たのは初めてでした。

【2005/09/10 17:07】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

ソリリッ!!
banatoma
・・・ってのに思わず笑ってしまいました(^^)
いつも注意深く鳥を見ている人だけが、こんな姿を見ることができるのでしょうね!


のほほん父さん
ばなとまさん、このときはラッキーでした。ちょうど猛禽かなんかに対する警戒態勢→リラックスしたところでした。見事な擬態で動いてくれないと見つけられませんね。

コメントを閉じる▲



 ふと気がつくとそこらじゅうにいるような気がします。大食漢なうえに、真っ黒な見た目の悪さも手伝って、嫌われ者のカワウですが、真っ黒の冬羽から、頭が白に変わる春先だけは、見つけてハッとすることがあります。おもわず「あーもう春だなあ」としみじみ観察してしまいます。もっともすぐ慣れて「またカワウか」と舌打ちしながら別の鳥を探すことになるのですが。

【2005/09/08 23:35】 | フィールドノート
トラックバック(0) |

ご訪問ありがとう
のび太
 ご訪問ありがとうございました。私も以前、「のほほん時々記」なんていうページを開いていました。絵や鳥を見るのが好きだというのは、完成がどこか似通ったところがあるのかもしれません。昔、バードウォッチングとか、鳥の声の録音に関心を持っていた時期を思い出してしまいました。
 特に、鳥の絵、なかなか素敵ですね。

 実はご訪問いただいたページはややプライベートなもので、こちらが主に公開しているものです。関心があれば覗いてみてください。
http://blog1.fc2.com/3291ahiru/



かぼちゃ
こんにちは~♪
ほのぼのとした、やさしいタッチで描かれていますね^^。
のほほんさんって、のんびりとした穏かな方なんですね、
人柄があらわれているような気がします。
ホッとするような、温かさがあります・・(^-^*)ニコ


のび太
 風景画の部屋にもおいで頂いたようですね。(^_^)
ありがとうございます。

PS
 上記コメント 完成→感性 でした。誤字、失礼しました。

風景画
のほほん父さん
お邪魔させていただきました。風景画って苦手なんです。のび太さんの絵はいつも感心しております。


のほほん父さん
かぼちゃさん、訪問ありがとうございます。のんびりとしたいんですがなかなかできませんね。このブログは願望の表れでもあるのでしょうか

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。